スイッチ/マルチプレクサ 概要

TI のシグナル・スイッチとマルチプレクサの幅広い製品ラインアップは、コネクタ共有、重複する回路の最小化、シグナル・パスの絶縁、信号配線の簡略化を可能にします。幅広い製品ラインアップは、多様な構成、広い電圧範囲、低オン抵抗(RON)、広い帯域幅(BW)、あらゆるアプリケーションを対象にした多数のパッケージを実現します。

シグナル・スイッチは信号の歪みを発生させずに、アナログ回路内で信号配線とパスの分離を可能に

  • 1:1 SPST    1:2 SPDT
    1:3 SP3T    1:4 SP4T
  • 1、2、4、6、7、8、10、12 チャネル
  • 0.8V(最小)、18V(最大)
  • 低クロストーク、低消費電力、低高調波歪み
  • RON:0.26Ω(最小)
  • BW:7.5GHz(最大)
  • 1nA の(超低)消費電流

TI のアナログ / デジタル変換マルチプレクサと電力マルチプレクサは、あらゆる組み合わせの論理回路でデータ信号をマルチプレクスする際の信頼性を向上します。

  • 1:1    1:2    1:3    1:4
    1:8    1:16  1:18
  • 1、2、4、8、10、22、23、26、20、22、24、32 ビット
  • 1.9V(最小)、20V(最大)
  • RON:0.26Ω(最小)
  • BW:6GHz(最大)

TI のロード・スイッチは、次のような幅広いアプリケーションで使用できます。 節電、パワー・シーケンシング、パワー・ディストリビューション

  • 0.6V(最小)、20V(最大)
  • RON:4.4mΩ(最小)
  • 可変立ち上がり時間と迅速な出力放電
  • 保護機能と監視機能を内蔵

特定用途向けスイッチ

特定用途向けスイッチは、アプリケーションに特有の要件に対応します。