TI の DLP® テクノロジーを選択する理由

受賞歴のある DLP Cinema® でよく知られている DLP® テクノロジーは、世界トップクラスのデジタル・シネマ・テクノロジーであり、毎日 1,000 万人近くの映画視聴者が驚きの声を上げています。映画以外にも、DLP テクノロジーは DLP BrilliantColor™ や DLP IntelliBright™ などの革新を実現しており、教室、家庭、オフィスにおいて、鮮明で長期間維持される高精度のカラー画像を確実に再現しています。

他のほとんどのディスプレイ・プラットフォームに対する明確な利点に加えて、DLP テクノロジーはコンシューマ製品とプロフェッショナル製品にとって望ましい選択肢として、大規模なイベント会場から最小規模のハンドヘルド・プロジェクタまで幅広く活用されています。DLP テクノロジーはコンシューマ向けの投影技術で業界をリードするだけでなく、産業、医療、電気通信、セキュリティなどさまざまなアプリケーションの認識を塗り替えます。

詳細

毎日どこかで、意思決定者が DLP テクノロジーの採用を決定しています。

  • 長期間維持される高精度のカラー –Academy® Plaque*(アカデミー賞)受賞により、この品質が実証されています
  • 世界最小のプロジェクタの実現から、幅 30m 以上の最大規模映画スクリーンへの投影まで、幅広く対応できる唯一のテクノロジーです
  • 優れた画像品質と同時に、実績のある高信頼性、低消費電力、総所有コストの削減も達成します
  • 独自の技術力や、信頼できるサプライ・チェーン、広範なサポート・インフラストラクチャを実現した DLP テクノロジーを活用して、デベロッパーは性能を向上させることができます。
プロジェクタにとっての DLP テクノロジーの利点
ディスプレイ・テクノロジー分野での世界トップクラスのリーダー

DLP テクノロジーによる革新

デジタル 3D やマルチポイント・タッチと同様に、最初の市場投入から現在までに長い歴史が記録されており、事業開始はテキサス・インスツルメンツが DLP 製品事業部を発足させた 1993 年にさかのぼります。DLP 製品事業部はクラス最高の革新的なテクノロジーを開発することを意図して取り組みを進めており、その製品は、DLP Pico™ プロジェクタを内蔵した iPod 初のドッキング・デバイスから、スペクトロスコピー分野を対象にする Pittcon Gold Editor's Award を受賞した DLP NIRscan™ 評価モジュールまで広い範囲にわたります。

有力なエレクトロニクス・メーカー、科学者、エンジニアはさまざまな可能性を活用するために、TI の世界有数のデジタル・テクノロジーを採用して、世界で最も輝度の高いレーザーベースの IMAX デジタル・プロジェクタから、測定とセンシング向けの実績あるソリューションまで、革新的な製品を開発しています。高度にプログラマブルでフレキシブルなテクノロジーを採用すると、モバイル・プロジェクションから光センシングと DNA 合成まで、コンシューマ、医療、産業、オートモーティブの各アプリケーションで画期的な成果を継続的に実現できます。

詳細

あらゆる場所で使用されている DLP テクノロジー

TI の DLP テクノロジーは非常にフレキシビリティが高く、産業用、オートモーティブ、エンタープライズ、医療、コンシューマの各市場セグメントにわたるさまざまなアプリケーションに活用できます。DLP テクノロジーは、それぞれが 1 ピクセルに相当する顕微鏡サイズ・ミラーを使用しています。たとえば、代表的な 1080p プロジェクタは、横 1920 列、縦 1080 行になっています。少々驚く話で、簡単には想像できませんが、200 万個以上のマイクロミラーが存在しており、1 ピクセルは人間の髪の毛の幅に比べて 1/5 のサイズです。息を飲む鮮明な画像が求められる場合は、TI の非常に多様な DLP テクノロジーを活用することを検討してください。世界トップクラスのディスプレイ・エレクトロニクス・メーカーは、このテクノロジーを信頼しています。お客様も同じ行動を選択できます。

ただし、DLP テクノロジーはただ単にプロジェクション・テクノロジーのトップというだけではなく、あらゆる場所で活用されています。DLP ディスプレイ・テクノロジーは光半導体を使用して光をデジタル操作しているため、DLP チップは 3D スキャン、スペクトロスコピー、マシン・ビジョン、医療機器アプリケーションなどの組込みアプリケーションでも採用されています。1996 年以来、DLP 製品事業部は 75 社以上の顧客に対して、4,000 万以上のシステムを出荷してきました。お客様が、次の顧客として採用をお考えになるのはいかがでしょうか。

詳細

お客様は、エンジニアですか、デベロッパーですか?お客様は、エンジニアですか、デベロッパーですか?

非常にフレキシビリティが高い DLP テクノロジーは、従来のディスプレイ・アプリケーションの枠を超えて革新を進める方法を探る目的でも採用されています。デベロッパーは DLP チップを使用して、産業、セキュリティ、医療、オートモーティブ・アプリケーションなど、光を制御するための高度なインテリジェントを必要とする分野で、現実の問題を解決しています。DLP テクノロジーの用途拡大を阻止する要素は何もありません。

TI では、DLP テクノロジーを使用して開発を行うための無償の設計ファイル、ユーザー・ガイド、およびデータシートを提供しています。何を創りますか?DLP 評価モジュールとリファレンス・デザインのご紹介アプリケーション・ノート、回路図、サンプル・ソース・コードなどをダウンロードするには、以下のボタンをクリックしてください。

エンジニアとデベロッパー

*アカデミー賞理事会(Board of Governors)は、色精度が優れているという理由で、2009 年の Academy® Scientific and Engineering Award(アカデミー科学技術賞)を DLP Cinema チームに授与しました。

TI の DLP テクノロジーがどれほど多くの市場で採用されているかを想像してみてください。

情報グラフの表示

TI の DLP テクノロジーに関する意外な事実

TI の DLP テクノロジーに関する意外な事実

たか。大規模なスポーツ・イベントでは、DLP テクノロジーを活用した画像をご覧になっていることをご存

詳細