パターン・レート (<8 kHz) 概要

近赤外線(NIR)DLP 製品は、700 ~ 2500nm の波長に合わせて最適化されており、高い信号対ノイズ比(SNR)を必要とする光学センシング・アプリケーションで非常に優れた性能を実現します。高度なコントローラの機能により、NIR 分光器または光学ネットワークの単一センサ設計で、プログラマブルな波長選択を実現できます。また、これらのデバイスは、NIR 構造化光パターンを使用する非接触型の 3D スキャンを明るい周囲光下で実施する場合や、透明または反射率の高い物体をターゲットにする場合にも使用できます。

高 SNR

高 SNR
  • リアルタイム・システム・チューニング
  • アダプティブなスキャン・パラメータ
  • 近赤外線波長で最大 96% の光学透過率

モバイル・センシング

モバイル・センシング
  • ポータブル / バッテリ駆動システム
  • ネットワーク・コネクティビティ・ソリューションとの互換性
  • 食品、農業、化学薬品、液体を含むモバイル・アプリケーション

フレキシブルなプログラミング

フレキシブルなプログラミング
  • パターン生成機能内蔵ソフトウェア開発キットと GUI により、開発を迅速化
  • 単一センサの設計に最適な動的な波長選択
  • 高速で調整可能なスイッチング速度

DLP テクノロジーを使用した設計の開始

数百万個のマイクロミラーにより光制御を行う DLP 技術の仕組みについて解説します。

詳細

DLP テクノロジーを使用した設計の開始
主なアプリケーション

主なアプリケーション

分光器は、物質がさまざまな波長光の吸収や放射を行う際に発生する変化を通じて、物質の認識や、特性の決定を行います。光の放射と光の吸収のいずれについても、固体、液体、気体、プラズマなどさまざまな物理的形態に適用できます。

物質分析の詳細

高速、高性能 DLP 開発キット

DLP NIRscan™ and DLP NIRscan Nano evaluation forum(英語)

このフォーラムは、高性能ラボ・センシングとモバイル・センシングの各アプリケーションに関連するチップセット、コントローラ、評価モジュールの専門フォーラムです。

フォーラム(英語)にアクセスする

DLP デザイン・ネットワークの特長

以下のデザイン・ネットワーク参加企業は、近赤外線ソリューションに注力しています。

高速で高性能の DLP 開発キット