TI ホーム > MSP430技術TIPS
第20回 MSP430技術 TIPS - MSP430 開発用お役立ち資料

MSP430 開発用お役立ち資料

MSP430 の開発に役に立つ資料を紹介します。

  • ユーザーズガイド
    F1xx, F2xx, F4xx, F5xx ファミリーごとに、日本語版、英語版を準備しております。(最新の情報は英語版をご覧ください。)
    最新のCC430のユーザーズガイドや、 eZ430-RF2500開発ツール、その他開発ツールなどのユーザーズガイドもご覧いただけます。
  • 開発用ツール CCS IAR のダウンロードも可能
    さまざまなツールを紹介しています。また開発用ツールもこちらからダウンロード可能です。

  • サンプルコード
    各デバイス・ファミリー毎にC言語、アッセンブラ言語を準備しております。CCS(.C .asm) と IAR(.C .s43) 用がございます。
    ペリフェラル毎に最適化されたサンプル・コードとなっておりますので、仕様に合わせ、組み合わせてお使い頂けます。

  • JTAG, SBW 接続図 H/W tools User's Guide (slau278e)
    2.1 Signal Connections for In-System Programming and Debugging 以降に接続図があります。
    JTAG は 4線式接続、SBW(Spy-Bi-Wire)は RST、TEST による 2 線式接続となります。

  • 各ターゲットボードの回路図 H/W tools User’s Guide (slau278e)
    B Hardware(P35)以降をご参照ください。

  • JTAG, SBW, BSL インターフェースの詳細 MSP430 Memory Programming (slau265i)
    MSP430 のファームウェアアップデートに最適な BSL(Bootstrap Loader)を紹介しております。
    MSP430 は、パスワードによるプロテクションを搭載しております。ビルト・イン・セキュリティー・キー 例:MSP430F2131では、0xFFDE-0xFFDF の 2 バイトとなります。
    誤った値を設定した場合は、全ての Flash が消去されます。 0x0000(消去禁止)、0xAA55(BSL停止)を書き込みにより回避することも可能です。

  • BSL バージョンや、Chip ID 情報 MSP430 Memory Programming (slau265i)
    Chapter 6(P39)Differences Between Devices and Bootstrap Loader Versions をご参照ください。

尚、各資料は今後更新される可能性がございます。
TI.com より最新の情報をご覧頂きますよう、お願い致します。

 

 


関連リンク