マイコン、プロセッサおよびワイヤレス・コネクティビティ・プラットフォーム用の最適化 C/C++ コンパイラ

 

TI は自社のプログラマブル組込みプロセッサ向けに、一連の最適化 C/C++ コンパイラを供給しています。これらのコンパイラは、性能とコード・サイズの両方を高度に調整したコードを生成し、デバイスの能力を最大限に引き出します。TI のコンパイラは統合開発環境の一部として提供されているほか、個別に入手することもできます。

CCS 経由でコンパイラにアクセスするには、Code Composer Studio ツール・フォルダにアクセス

コンパイラに個別にアクセスするには、こちらのダウンロード・ページにアクセス

·   TI C/C++ コンパイラの小規模画像

機能と特長

ビジュアル・ツールによる
アドバイスと
支援

ビジュアル・ツールによるアドバイスと支援

TI のコンパイラはビジュアル・ツールにより、性能、コード・サイズ、消費電力を最適化するためのサポートを提供します。これらのツールは、特定のデバイスの機能をよりよく活用できるように、コードを改善する方法に関するアドバイスを提供します。具体的な機能:

  • メモリの使用状況をグラフィカル表示
  • 複数の設定がコード・サイズにどのような影響を及ぼすかを自動的に提示
  • TI の組込みデバイスのアーキテクチャ向けにカスタマイズ済み
  • Code Composer Studio™ の一部として提供

堅牢性と
安定性により安全
重視アプリケーションに最適

堅牢性と安定性により安全重視アプリケーションに最適

TI のコンパイラは非常に堅牢で、入念なテスト済みであり、ISO26262 を含む安全重視アプリケーションでの使用に適しています。

  • SafeTI™ コンパイラ認定キットを入手して、アプリケーションの認定を取得可能
  • 検証とテストのプロセスに関する詳細については、Compiler Validation Wiki(英語)を参照してください
  • 致命的なバグが見つかった場合に 2 か月以内に対処する対応体制
  • 25 年以上にわたって業界で使用されてきた実績に基づく信頼性

OpenCL と
OpenMP は
TI の DSP に対応

OpenCL と OpenMP は TI の DSP に対応

TI は、KeyStone II と Sitara AM57x などの SoC で OpenCL と OpenMP をサポートしています。OpenMP は、マルチコア KeyStone C66x デバイスでもサポートされています。これらの標準的なマルチコア・プログラミング・モデルを採用すると、計算を容易に分散し、デバイスのこれらの強力な性能の活用が可能になります。

  • OpenCL ツーリングを活用すると、計算を ARM から DSP に移行させるための API ベースのアプローチを利用可能
  • OpenMP Accelerator Model(英語)ツーリングは、プラグマ・ベースのアプローチを採用して、類似の機能を実現
  • OpenMP-DSP ツーリングは、マルチコア C66x DSP 全体にわたってプラグマ・ベースの並列プログラミングを実現

TI のコンパイラ・サポート

TI のコンパイラを最大限に活用するための詳細(英語)は、以下の場所に掲載されています。

GCC

GCC は、TI の ARM プロセッサ、および ARM と MSP430 をベースとする TI マイコンで利用できます。GCC をインストールして、CCS 内部で直接使用すること、または単独で使用することができます。

個別製品向け:

その他のコンパイラ製品

TI デザイン・ネットワークを構成する世界の多様なメンバーからなる TI パートナーは、コンパイラを含め、TI デバイス用のさまざまな開発ツールを提供しています。

これらのパートナーの詳細については、IDE およびツール・チェーン(Code Composer Studio™ IDE など)ページにアクセスしてください