CC2652R SimpleLink マルチスタンダード CC2652R ワイヤレス・マイコン | TIJ.co.jp

CC2652R (開発中)

SimpleLink マルチスタンダード CC2652R ワイヤレス・マイコン

 

Sample Availability

Prototype samples are available (XCC2652R1FRGZR). Sample now

概要

CC2652Rデバイスは、Thread、 ZigBee®Bluetooth® 5 Low Energy、IEEE 802.15.4g、IPv6-Enabled Smart Objects (6LoWPAN)、 Wi-SUN®、および独自システムを対象としたマルチプロトコル・ワイヤレス2.4GHz MCUです。

CC2652R は、コスト効率に優れた超低消費電力の2.4GHzおよびSub-1GHz RFデバイスからなるCC26xxおよびCC13xxファミリの製品です。アクティブ時のRFおよびマイクロコントローラ(MCU)電流が非常に低く、最大80KBのRAMを保持するスリープ電流が1µAに満たないため、バッテリ駆動時間が長く、小さなコイン型電池や環境発電アプリケーションでも動作可能です。

CC2652Rは、複数の物理層およびRF規格をサポートするプラットフォームにおいて、柔軟な超低消費電力RFトランシーバと、強力な48MHz Arm® Cortex®-M4F CPUとを組み合わせた製品です。専用の無線コントローラ(Arm® Cortex®-M0)により、ROMまたはRAMに格納された低レベルのRFプロトコル・コマンドを処理するため、超低消費電力と優れた柔軟性が確保されます。CC2652Rは、RF性能を犠牲にすることなく低消費電力を実現します。また、CC2652Rは感度と安定性(選択性とブロッキング)も優れています。

CC2652Rは、高度に統合された真のシングルチップ・ソリューションであり、完全なRFシステムとオンチップDC/DCコンバータを内蔵しています。

プログラムおよびデータ用に4KBのSRAMを備えたプログラミング可能な自律式超低消費電力センサ・コントローラCPUにより、極めて低い消費電力でセンサを操作できます。このセンサ・コントローラの高速ウェークアップ機能と超低消費電力2MHzモードは、アナログおよびデジタルのセンサ・データのサンプリング、バッファリング、および処理用に設計されているため、MCUシステムはスリープ時間を最大限に延ばして、有効電力を削減できます。

CC2652Rは、SimpleLink™マイクロコントローラ(MCU)プラットフォームの一部で、このプラットフォームは Wi-Fi®Bluetooth® Low Energy、Thread、Zigbee、Sub-1GHz MCU、およびホストMCUで構成されます。これらはすべて、中心となる単一のソフトウェア開発キット(SDK)と豊富なツール・セットからなる共通の使いやすい開発環境を共有しています。SimpleLinkプラットフォームの統合を1回行うだけで、どのようなデバイスの組み合わせでも、ポートフォリオから自分の設計に追加でき、設計の要件が変化した場合でも、コードを100%再利用することができます。詳細については、ti.com/simplelinkをご覧ください。

特長

  • マイコン
    • パワフルな Arm®Cortex®-M4Fプロセッサ
    • EEMBC CoreMark®スコア: 148
    • 最高48MHzのクロック速度
    • 352KBのシステム内プログラマブル・フラッシュ
    • プロトコルおよびファームウェア用ROM: 256KB
    • キャッシュ用SRAM: 8KB (汎用RAMとしても使用可能)
    • 超低リークSRAM: 80KB
    • 2ピンcJTAGおよびJTAGデバッグ
    • OTA (Over-The-Air)アップグレードに対応
  • 超低消費電力センサ・コントローラ(4KBのSRAM搭載)
    • センサ・データのサンプリング、保存、処理
    • システムCPUから独立した動作
    • 高速ウェークアップにより低消費電力動作を実現
  • TI-RTOS、ドライバ、ブートローダ、Bluetooth® 5 Low Energyコントローラ、IEEE 802.15.4 MACをROMに配置してアプリケーション・サイズを最適化
  • RoHS準拠パッケージ
    • 7mm×7mm RGZ VQFN48 (31GPIO)
  • ペリフェラル
    • デジタル・ペリフェラルを任意のGPIOに配線可能
    • 32ビット×4または16ビット×8の汎用タイマ
    • 12ビットADC、200kサンプル/秒、8チャネル
    • 内部基準電圧DACを備えたコンパレータ×2
      (連続時間×1、超低消費電力×1)
    • プログラマブル電流ソース
    • UART×2
    • SSI×2(SPI、MICROWIRE、TI)
    • I2C
    • I2S
    • リアルタイム・クロック(RTC)
    • AES 128/256ビット暗号化アクセラレータ
    • ECCおよびRSA公開鍵ハードウェア・アクセラレータ
    • SHA2アクセラレータ(SHA-512までのフル・スイート)
    • TRNG (True Random Number Generator)
    • 容量性センシング、最大8チャネル
    • 組み込み温度/バッテリ・モニタ
  • 外部システム
    • オンチップのバックDC/DCコンバータ
  • 低消費電力
    • 広い電源電圧範囲: 1.8V~3.8V
    • アクティブ・モードRX: 6.83mA
    • アクティブ・モードTX: 7.5mA
    • アクティブ・モードMCU 48MHz (CoreMark):
      3.3mA (69µA/MHz)
    • センサ・コントローラ、16Hz流量計測:
      1.7µA
    • センサ・コントローラ、100HzComp A読み取り:
      1.5µA
    • センサ・コントローラ、1Hz ADCサンプリング:
      1µA
    • スタンバイ: 0.92µA (RTC動作、80KB RAM/CPU保持)
    • シャットダウン: 125nA (外部イベントでウェークアップ)
  • 無線部
    • 2.4GHz RFトランシーバ、Bluetooth 5 Low EnergyおよびIEEE 802.15.4 PHYおよびMACに準拠
    • 優れたレシーバ感度:
      802.15.4 (2.4GHz)で-100dBm、
      Bluetooth 5 Low Energyコードで-103dBm
    • 出力電力を最大+5dBmまでプログラミング可能
    • 国際的な無線周波数規制への準拠を目標としたシステムに最適
      • EN 300 328、 (ヨーロッパ)
      • EN 300 440 Class 2(ヨーロッパ)
      • FCC CFR47 Part 15(米国)
      • ARIB STD-T66 (日本)
  • 開発 ツールとソフトウェア
    • LAUNCHXL-CC26X2R1開発キット
    • SimpleLink CC26X2ソフトウェア開発キット
    • SmartRF™Software Studio (シンプルな無線構成を実現)
    • Sensor Controller Studio (低消費電力のセンシング・アプリケーション構築用)

All trademarks are the property of their respective owners.

詳細を表示

機能一覧 他の製品と比較 Thread

 
Device type
RAM (KB)
Flash (KB)
GPIO
Technology
RX current (lowest) (mA)
Approx. price (US$)
CC2652R CC2650
SimpleLink Wireless MCU     SimpleLink Wireless MCU    
80     8    
352     128    
31     10-31    
Bluetooth
Proprietary 2.4 GHz
Thread
Zigbee    
6LoWPAN    
6.5     5.9    
  2.45 | 1ku