DAC161P997
この製品はすでに市場にリリースされており、ご購入できます。 一部の製品は、より新しい代替品を使用できる可能性があります。
Single-Wire 16-bit DAC for 4-20mA Loops

Single-Wire 16-bit DAC for 4-20mA Loops - DAC161P997
データシート
 

モデル (2)

タイトル カテゴリ 種類 日付
DAC161P997 TINA-TI Transient Spice Model TINA-TI Spice Model ZIP 2013年 2月 18日
DAC161P997 TINA-TI Reference Design TINA-TI Reference Design TSC 2013年 2月 18日

設計キット&評価モジュール (1)

内容 型番 ソフトウェア/ツール・タイプ
DAC161P997 評価ボード DAC161P997EVAL 評価モジュールと評価ボード

リファレンス・デザイン

絶縁ループ電源型熱電対トランスミッタ、リファレンス・デザイン

この絶縁型ループ電源熱電対トランスミッタのリファレンス・デザインは、4 ~ 20mA の絶縁型ループ・アプリケーション向けの K タイプ熱電対測定を実現するシステム・ソリューションです。このリファレンス・デザインは、プロセス制御とファクトリ・オートメーション向けの最終製品の迅速なプロトタイピングと開発を実現する評価モジュールです。温度センサとして熱電対を使用する場合の潜在的な課題は、微小電圧出力、低感度、非線形性にあります。さらに、産業環境ではグランドの電位差が 100V を上回ることも一般的なので、熱電対とシグナル・コンディショニング回路を電気的に絶縁する必要があります。設計ファイルは、設計上の検討事項、ブロック図、回路図、部品表(BOM)、各層プロット、Altium ファイル、ガーバー・ファイル、MSP430 ファームウェアで構成されています。

TIDA-00189 で使用されているのと同じ絶縁型電源トポロジーをカバーした、TIDA-00349 概要ビデオをぜひご覧ください

リファレンス・デザインの使用許可、知的財産権、免責事項に関する重要なお知らせを表示。

ソフトウェア (3)

内容 型番 ソフトウェア/ツール・タイプ
PuffyALP DAC161P997-SW ソフトウェア・ライブラリ
Associated Files for Application Note MSP430 Interface DAC161P997 Code Library  (ZIP 12 KB )    2012年 4月 3日    (英語)
DAC161P997EVAL Design Package  (ZIP 43848 KB )    2012年 2月 23日    (英語)

開発ツール (2)

内容 型番 ソフトウェア/ツール・タイプ
SPICE ベースのアナログ・シミュレーション・プログラム TINA-TI 回路設計とシミュレーション
アナログ技術者向けカリキュレータ ANALOG-ENGINEER-CALC 計算ツール

CAD/CAE シンボル

型番 パッケージ|ピン数 CAD ファイル(.bxl) STEP モデル(.stp)
DAC161P997 ダウンロード ダウンロード

テキサス・インスツルメンツは Accelerated Designs, Inc. と連携して、TI 製品用の回路図記号と PCB レイアウト・フットプリントを提供しています。

CAD シンボルを表示するには、以下の手順に従ってください。

ステップ 1: ソフトウェアをダウンロードしてインストールします Ultra Librarian software

ステップ 2:CAD ファイル(.bxl)のテーブルから記号およびフットプリントをダウンロードします。

ステップ 3:Ultra Librarian Reader ソフトウェアで .bxl ファイルを開きます。

完了 CAD/CAE 記号データベースは //webench.ti.com/cad/ でご確認いただけます。

PCB フットプリントと回路図記号は、特定ベンダに依存しないフォーマットでダウンロードできます。ダウンロード後に Ultra Librarian Reader を使用して、業界トップクラスの EDA CAD/CAE 設計ツールにエクスポートすることができます。 Ultra Librarian Reader . このリーダーはで入手可能 無償ダウンロード

Ultra Librarian Reader は、Ultra Librarian ツールセットの一部で、実質的にどんな EDA CAD/CAE フォーマットでも、コンポーネントとその属性の生成、インポート、エクスポートが可能です。