DAC53608 10 ビット、I2C インターフェイス、バッファ付き電圧出力 D/A コンバータ(DAC) | TIJ.co.jp

DAC53608 (供給中)

10 ビット、I2C インターフェイス、バッファ付き電圧出力 D/A コンバータ(DAC)

 

概要

DAC53608とDAC43608は、10ビットおよび8ビットの分解能を持つ8チャネル・バッファ付き電圧出力デジタル/アナログ・コンバータ(DAC)のピン互換ファミリです。1.8V~5.5Vの範囲の外部基準電圧により、1.8V~5.5Vのフルスケール電圧を出力します。これらのデバイスは、電源範囲全体にわたって単調性があります。

このデバイスは、I2Cインターフェイスで通信します。これらのデバイスは、I2CのStandardモード(100kbps)、Fastモード(400kbps)、Fast+モード(1Mbsp)をサポートしています。これらのデバイスは、DACを同時に更新できるロードDAC (LDAC)ピンを持っています。

DACx3608デバイスにはパワー・オン・リセット回路があり、DACレジスタが起動してから、有効なコードがレジスタに書き込まれるまで、ゼロ・スケールを維持することが保証されます。

また、DACx3608にはチャネルごとに、ユーザーがプログラム可能なパワーダウン・レジスタも内蔵されています。これらのレジスタにより、DAC出力バッファは起動時は10K状態にパワーダウンされ、これらの出力バッファにパワーアップ・コマンドが発行されるまで、この状態を維持します。

DACx3608デバイスは、-40°C~125°Cの温度範囲で動作します。これらのデバイスは超小型QFNパッケージで供給されます。

特長

  • 単調性の保証
  • 広い動作範囲
    • 電源: 1.8V~5.5V
    • 温度範囲:-40˚C~+125˚C
    広い動作範囲
  • I2C互換のシリアル・インターフェイス
    • Standard、Fast、Fast+モード
    • VIH:2.4V (VDD = 5.5V、IOVDD不要)
  • LDACピンによる出力の同時更新
  • 非常に低い消費電力:0.1mA/チャネル (VDD = 1.8V)
  • 低消費電力スタートアップ・モード:10K-GND状態への電源オン
  • 超小型パッケージ
    • 16ピンQFN (3mm×3mm)

All trademarks are the property of their respective owners.

詳細を表示

機能一覧 他の製品と比較 高精度 DACs (<=10MSPS)

 
Resolution (Bits)
Architecture
DAC channels
Interface
Output range (Max) (mA/V)
Output range (Min) (mA/V)
Settling Time (µs)
Output type
Reference: type
Rating
Operating temperature range (C)
Features
DAC53608 DAC43608 DAC5578 DAC6578
10     8     8     10    
String     String     String     String    
8     8     8     8    
I2C     I2C     I2C     I2C    
5.5     5.5     5.5     5.5    
0     0     0     0    
10     10     7     7    
Buffered Voltage     Buffered Voltage     Buffered Voltage     Buffered Voltage    
Ext     Ext     Ext     Ext    
Catalog     Catalog     Catalog     Catalog    
-40 to 125     -40 to 125     -40 to 125     -40 to 125    
Cost Optimized
Low Power
Small Size    
Cost Optimized
Low Power
Small Size    
Cost Optimized
Low Power
Reset to Mid-Scale
Small Size    
Cost Optimized
Low Power
Reset to Mid-Scale
Small Size