DIX4192-Q1 車載統合型デジタル・オーディオ・インターフェイス・ レシーバ / トランスミッタ | TIJ.co.jp

DIX4192-Q1
この製品はすでに市場にリリースされており、ご購入できます。 一部の製品は、より新しい代替品を使用できる可能性があります。
車載統合型デジタル・オーディオ・インターフェイス・ レシーバ / トランスミッタ

 

概要

DIX4192-Q1デバイスは、高度に統合されたCMOSデバイスで、プロフェッショナルおよび放送用のデジタル・オーディオ・システム向けに設計されています。DIX4192-Q1は、デジタル・オーディオ・インターフェイス・レシーバ(DIR)およびトランスミッタ(DIT)、2つのオーディオ・シリアル・ポート、および機能ブロックのデータとクロックを相互接続する柔軟な分配ロジックを組み合わせています。

DIRおよびDITは、AES3、S/PDIF、IEC 60958、EIAJ CP-1201のインターフェイス規格と互換です。オーディオ・シリアル・ポートとDITは、最大216kHzのサンプリング・レートで動作可能です。DIRのロック範囲には、20kHz~216kHzのサンプリング・レートが含まれます。

DIX4192-Q1デバイスは、オンチップの制御レジスタとデータ・バッファを使用するように構成されており、4線式のシリアル・ペリフェラル・インターフェイス(SPI)ポート、または2線式のI2Cバス・インターフェイスからアクセス可能です。ステータス・レジスタにより各種のフラグおよびエラー・ビットにアクセスでき、これらは各種の機能ブロックから抽出されます。オープン・ドレイン割り込み出力ピンが搭載されており、制御レジスタ設定により、柔軟な割り込み報告およびマスクのオプションを使用可能です。マスタ・リセット入力ピンが搭載されており、ホスト・プロセッサまたはスーパーバイザ機能により初期化が可能です。

DIX4192-Q1デバイスには、1.8Vのコア・ロジック電源に加えて、DIR、DIT、およびライン・ドライバとレシーバ機能の一部を駆動するため3.3Vの電源が必要です。独立したロジックI/O電源により、1.65V~3.6Vの動作がサポートされ、デジタル信号プロセッサやプログラム可能ロジック・デバイスで一般に見られる低電圧ロジック・インターフェイスと互換性があります。

DIX4192-Q1デバイスは、鉛フリーのTQFP-48パッケージで供給されます。

特長

  • 車載アプリケーションに対応
  • 下記内容でAEC-Q100認定済み:
    • デバイス温度グレード:
      • DIX4192I-Q1: グレード3 (-40℃~+85℃)
      • DIX4192T-Q1: グレード2 (-40℃~+105℃)
    • デバイスHBM ESD分類レベル2
    • デバイスCDM ESD分類レベルC4B
  • デジタル・オーディオ・インターフェイス・トランスミッタ(DIT)
    • PCM/エンコード・データからS/PDIFへの変換
    • 216kHzまでのサンプリング・レートをサポート
    • 差動ライン・ドライバとCMOSバッファ付き出力
  • デジタル・オーディオ・インターフェイス・レシーバ(DIR)
    • S/PDIFからステレオPCM/エンコード・データへの変換
    • PLLのロック範囲に、20kHz~216kHzのサンプリング・レートを包含
    • 4つの差動入力ライン・レシーバと入力マルチプレクサ
    • バイパス・マルチプレクサによりライン・レシーバの出力をライン・ドライバおよびバッファ出力へルーティング
    • PCM以外のオーディオ・ストリームの自動検出(DTS CD/LDおよびIEC 61937フォーマット)
    • オーディオCD Q-チャネル・サブコード・デコードおよびデータ・バッファ
    • 低ジッタの回復クロック出力
  • ユーザー選択可能なシリアル・ホスト・インターフェイス: SPI™またはI2C
    • オンチップ・レジスタおよびデータ・バッファへアクセス可能
    • フラグおよびエラー条件用のステータス・レジスタおよび割り込み生成
    • チャネル・ステータスとユーザー・データの両方に使用できるブロック・サイズのデータ・バッファ
  • 2つのオーディオ・シリアル・ポート(ポートAおよびB)
    • 同期シリアル・インターフェイスから外部の信号プロセッサ、データ・コンバータ、ロジックへ
    • スレーブまたはマスタ・モード動作で、最大216kHzのサンプリング・レート
    • 左揃え、右揃え、およびPhilips I2S™ データ・フォーマットをサポート
    • 最大24ビット長のオーディオ・データ・ワードを
      サポート
  • 4つの汎用デジタル出力
    • 制御レジスタによりマルチファンクションのプログラムが可能
  • 拡張されたパワーダウンのサポート
    • 使用していない機能ブロックを個別にディセーブル可能
  • 1.8Vコア、3.3V I/O電源で動作
  • 小型のTQFP-48パッケージ、SRC4382およびSRC4392と互換

All trademarks are the property of their respective owners.

機能一覧

他の製品と比較 SPDIF トランシーバ メール Excelへダウンロード
Part number オーダー・オプション Operating temperature range (C) Rating
DIX4192-Q1 ご注文 -40 to 105
-40 to 85    
Automotive