DLP4710 DLP4710 DMD | TIJ.co.jp

DLP4710 (供給中) DLP4710 DMD

 

概要

DLP4710デジタル・マイクロミラー・デバイス(DMD)は、デジタル制御のMOEMS (micro-opto-electromechanical system)空間光変調器(SLM)です。適切な光学システムと結合することで、DLP4710 DMDは非常に鮮明で高品質の画像や映像を表示できます。このデバイスは、DLP4710 DMD、DLPC3439またはDLPC3479コントローラ、およびDLPA3000/DLPA3005 PMIC/LEDドライバで構成されるチップセットの部品です。DLP4710は物理的なサイズが小さく、コントローラやPMIC/LEDドライバと組み合わせることにより、小さな外形と低消費電力で、高解像度のHD表示を可能にする、完全なシステム・ソリューションを実現します。

TIのDLP® PicoTMディスプレイ・テクノロジーを使用した設計の開始」ページで、DLP4710を使い始めるための基本的な知識を学ぶことができます。

DLP4710のエコシステムには、設計期間の短縮に役立つ定評あるリソースが用意されており、これには量産可能な光モジュール光モジュール・メーカーデザインハウスなどが含まれます。

特長

  • 対角0.47インチ(11.93mm)のマイクロミラー・アレイ
    • マイクロメートル・サイズのアルミ製ミラーを直交に配置した1920×1080アレイ
    • 5.4ミクロンのマイクロミラー・ピッチ
    • マイクロ・ミラー傾斜角(フラットな面に対して): ±17°
    • 底面照明による最良の効率と光学エンジン・サイズ
    • 偏波無依存のアルミニウム製マイクロミラー表面
  • 32ビットSubLVDS入力データ・バス
  • 専用のDLPC3439またはDLP3479照明およびディスプレイ・コントローラ
  • 専用のDLPA3000またはDLPA3005 PMIC/LEDドライバによる信頼性の高い動作

All trademarks are the property of their respective owners.

機能一覧

他の製品と比較 Pico チップセット メール Excelへダウンロード
Part number オーダー・オプション Chipset family Component type Display resolution (Max) Array diagonal (in) Input frame rate (Max) (Hz) Micromirror array size Micromirror pitch (um)
DLP4710 ご注文 DLP4710
DLPC3439
DLPC3479
DLPA3000
DLPA3005    
DMD     1080p (1920x1080)     0.47     120     1920x1080     5.4