DLPC350 DLP4500 DMD用 デジタル・コントローラ | TIJ.co.jp

DLPC350
この製品はすでに市場にリリースされており、ご購入できます。 一部の製品は、より新しい代替品を使用できる可能性があります。
DLP4500 DMD用 デジタル・コントローラ

 

概要

DLPC350デジタル・コントローラは、DLP4500またはDLP4500NIRデジタル・マイクロミラー・デバイス(DMD)の信頼性の高い動作に必要な部品です。DLPC350コントローラは、ユーザーの電子機器とDMDとの間で、便利な多機能インターフェイスとして機能し、高速なパターン速度と、複数の入力フォーマットに対応したLED制御およびデータのフォーマット設定を実現します。

DLPC350コントローラは、カメラ、センサ、その他のペリフェラルと表示パターンを同期するため、入力および出力トリガ信号を供給します。このコントローラは、小型で低コストの光ステアリング・アプリケーションに統合可能です。アプリケーションとしては、3Dスキャンまたは計量システム、分光計、対話型ディスプレイ、化学分析、医療機器、その他空間的な光変調(光ステアリングおよびパターン作成)を必要とする最終機器などがあります。

DLPC350コントローラは、可視光または近赤外線(NIR)バージョンのDLP4500に対してデータ・フォーマット設定やDMD制御を行うASICです。詳細については、DLPR350ファームウェアのホームページDLP4500データシートDLP4500NIRデータシートを参照してください。

特長

  • DLP4500およびDLP4500NIR DMDの信頼性の高い動作に必要
  • 高速パターン表示モード
    • 4225Hzまでの、1ビットのバイナリ・パターン速度
    • 120Hzまでの、8ビットのグレイスケール・パターン速度
    • マイクロミラーへの1対1の入力マッピング
    • パターン・シーケンスに複数のビット深度とLEDを含む
  • カメラやセンサと簡単に同期
    • 2つの構成可能な入力トリガ
    • 2つの構成可能な出力トリガ
  • 14の完全にプログラム可能なGPIO信号
  • 64Mbの内蔵RAM
    • 最大48の1ビット・パターンを格納
    • 外付けの揮発性メモリが不要
  • 格納パターンを増やすため、最大32MBの外付けパラレル・フラッシュをサポート
  • 複数の構成インターフェイス
    • 1つのUSB 1.1 SlavePort
    • 2つのI2Cポート
    • LED PWMジェネレータ
  • ビデオ表示動作モード
    • フルカラーで10~120Hzのフレーム・レート
    • YUV、YCrCb、またはRGBの入力データ・フォーマット
  • マイクロミラー・ドライバ内蔵
  • クロック生成機能内蔵

All trademarks are the property of their respective owners.

機能一覧

他の製品と比較 高速な可視光 メール Excelへダウンロード
Part number オーダー・オプション Illumination wavelength range (nm) Micromirror array size Chipset family Pattern rate, binary (Max) (Hz) Component type Number of triggers (Input / Output) GPIO Display resolution (Max) Pattern rate, 8-bit (Max) (Hz) Micromirror array orientation Micromirror driver support Package Group Power consumption, typical (mW) Thermal dissipation (°C/W) Approx. price (US$)
DLPC350 ご注文         DLP4500
DLP4500NIR    
4225     Digital Controller     2 / 2     14     WXGA     120         Integrated     BGA | 419     1225     6.6     87.45 | 1ku