DRV5055-Q1 車載、高精度 3.3V または 5V レシオメトリック・バイポーラ・ホール効果センサ・ファミリ | TIJ.co.jp

DRV5055-Q1
この製品はすでに市場にリリースされており、ご購入できます。 一部の製品は、より新しい代替品を使用できる可能性があります。
車載、高精度 3.3V または 5V レシオメトリック・バイポーラ・ホール効果センサ・ファミリ

 

概要

DRV5055-Q1デバイスは、リニア・ホール効果センサで、磁束密度に正比例して応答します。このデバイスは、広範なアプリケーションにおいて、正確な位置センシングに使用できます。

このデバイスは、3.3Vまたは5Vの電源で動作します。磁界が存在しないとき、アナログ出力はVCCの半分に駆動されます。出力は、印加される磁束密度に対して線形的に変化し、5つの感度オプションによって、必要なセンシング範囲に基づいた最大出力電圧スイングが可能になります。磁界のN極とS極がそれぞれ固有の電圧を生成します。

パッケージの上面に垂直の磁束が検出され、2つのパッケージ・オプションでセンシング方向が異なります。

このデバイスは、レシオメトリック・アーキテクチャを使用し、外部のアナログ/デジタル・コンバータ(ADC)が基準として同じVCCを使用しているとき、VCC許容範囲から誤差を除去できます。さらに、デバイスには磁石温度補償が搭載されており、磁石のドリフトを補償することで、-40℃~+150℃の広い温度範囲にわたって線形のパフォーマンスを実現します。

特長

  • レシオメトリック・リニア・ホール効果磁気センサ
  • 3.3Vおよび5Vの電源で動作
  • VCC/2の静止オフセット付きのアナログ出力
  • 磁気感度オプション(VCC = 5V時)
    • A1: 100mV/mT、±21mT範囲
    • A2: 50mV/mT、±42mT範囲
    • A3: 25mV/mT、±85mT範囲
    • A4: 12.5mV/mT、±169mT範囲
    • A5: -100mV/mT、±21mT範囲
  • 高速な20kHzセンシング帯域幅
  • ±1mA駆動の低ノイズ出力
  • 磁石の温度ドリフトの補償
  • 車載アプリケーション用にAEC-Q100認定済み
    • 温度グレード0: -40℃~150℃
  • 標準の産業用パッケージ:
    • 表面実装のSOT-23
    • スルーホールのTO-92

All trademarks are the property of their respective owners.

Hall Effect Magnetic Field Calculator

Gauss
Rectangle Cylinder
rec

Calculated magnetic field B = 26.05 mT

機能一覧

他の製品と比較 リニア・ホール効果センサ メール Excelへダウンロード
Part number オーダー・オプション Type Supply voltage (Vcc) (Min) (V) Supply voltage (Vcc) (Max) (V) Output Accuracy (%) Rating Sensitivity (Typ) (mV/mT) Operating temperature range (C)
DRV5055-Q1 ご注文 Ratiometric Bipolar     3     5.5     0.2 V to Vcc     5     Automotive     12.5
25
50
100
-100    
-40 to 150    
DRV5053-Q1 ご注文 Bipolar     2.7     38     0.2 V to 1.8 V     70     Automotive     -11
-23
-45
-90
+23
+45    
-40 to 125
-40 to 150    
DRV5056-Q1 ご注文 Ratiometric Unipolar     3     5.5     0.6 V to Vcc     5     Automotive     25
50
100
200    
-40 to 150    
DRV5057-Q1 ご注文 Ratiometric PWM output     3     5.5     8 %D to 92 %D     6     Automotive       -40 to 150