LM5118
この製品はすでに市場にリリースされており、ご購入できます。 一部の製品は、より新しい代替品を使用できる可能性があります。
Wide Voltage Range Buck-Boost Controller

 

モデル (4)

タイトル カテゴリ 種類 日付
LM5118 Unencrypted PSpice Transient Model PSpice Model ZIP 2016年 1月 26日
TINA-TI Transient Spice Model (Export from WEBENCH) TINA-TI Spice Model PDF 2015年 11月 6日
LM5118 TINA-TI Transient Reference Design TINA-TI Reference Design ZIP 2014年 5月 8日
LM5118 PSpice Transient Model PSpice Model ZIP 2014年 3月 25日

設計キット&評価モジュール (3)

内容 型番 ソフトウェア/ツール・タイプ
LM5118 を使用し、TI-PMLK Buck-Boost Experiment Book の付属する TI-PMLK 昇降圧検証用ボード PMLKBUCKBOOSTEVMB 評価モジュールと評価ボード
LM5118 を使用する TI-PMLK 昇降圧検証用ボード PMLKBUCKBOOSTEVM 評価モジュールと評価ボード
LM5118 評価ボード LM5118EVAL 評価モジュールと評価ボード

リファレンス・デザイン

大電流アプリケーション向けバッテリ・テスタのリファレンス・デザイン

リチウムイオン・バッテリの構成と電気的テストには高精度の電圧 / 電流制御が必要で、通常は規定された温度範囲にわたって ±0.05% 以内の精度が求められます。  このリファレンス・デザインは 8V ~ 16V の入力(バス)電圧と 0V ~ 5V の出力負荷(バッテリ)電圧に対応した大電流(最大 50A)バッテリ・テスタ・アプリケーションを実現します。内蔵のマルチフェーズ双方向コントローラ LM5170 と高精度データ・コンバータ、計測アンプを組み合わせ、0.01% フルスケールの充放電精度を実現します。バッテリ容量の最大化とバッテリ構成時間の最小化のため、高精度定電流(CC)/ 定電圧(CV)較正ループと簡素化したインターフェイスを使用しています。主要な設計理論をすべて取り上げており、部品の選択プロセスや最適化について解説しています。また、回路図、基板レイアウト、ハードウェア・テスト、結果も公開しています。

リファレンス・デザインの使用許可、知的財産権、免責事項に関する重要なお知らせを表示。

概要 Part Number 会社名 ツール・タイプ
120W オートモーティブ 2 スイッチ昇降圧コンバータ PMP7905 Texas Instruments リファレンス・デザイン
2 スイッチ昇降圧コンバータ、24 W 広入力範囲用 PMP7995 Texas Instruments リファレンス・デザイン
4 スイッチ昇降圧コンバータ、ワイヤレス・ベース・ステーション・アプリケーション用高過渡電力を供給 PMP9104 Texas Instruments リファレンス・デザイン
オートモーティブ昇降圧コンバータ、8.0 V (1.5 A のとき)供給 PMP8635 Texas Instruments リファレンス・デザイン
非絶縁型昇降圧コンバータ PMP7851 Texas Instruments リファレンス・デザイン

ソフトウェア (1)

LM5118/LM25118 Quick Start Component Calculator  (ZIP 199 KB )    2014年 8月 1日    (英語)

開発ツール (1)

内容 型番 ソフトウェア/ツール・タイプ
LM5118 クイック・スタート・コンポーネント・カリキュレータ LM5118QUICK-CALC 計算ツール
New!
WEBENCH® Power Designer is now even easier to use. Try it now.

WEBENCH® Designer LM5118

  最小   最大 範囲
入力電圧  V 3.0 to 75.0V
出力電圧  V 1.23 to 70V
負荷電流  A ≤ 10A
周囲温度  °C -40 to 125°C