LM53602-Q1 (供給中) 3.5 ~ 36Vin、2 アンペア同期 DC-DC コンバータ、オートモーティブ・アプリケーション用

 

モデル (6)

タイトル カテゴリ 種類 日付
LM53602 Unencrypted 3P3V PSpice Transient Model PSpice Model ZIP 2015年 8月 10日
LM53602 Unencrypted 5P0V PSpice Transient Model PSpice Model ZIP 2015年 8月 10日
LM53602 Unencrypted Adjustable PSpice Transient Model PSpice Model ZIP 2015年 8月 10日
LM53602 Adjustable PSpice Transient Model PSpice Model ZIP 2015年 7月 8日
LM53602 5p0V PSpice Transient Model PSpice Model ZIP 2015年 7月 8日
LM53602 3P3V PSpice Transient Model PSpice Model ZIP 2015年 7月 8日

設計キット&評価モジュール (2)

内容 型番 ソフトウェア/ツール・タイプ
LM53603-Q1 可変出力 3A 降圧レギュレータの評価モジュール(EVM) LM53603AEVM 評価モジュールと評価ボード
LM536035 5V 固定出力 3A 降圧レギュレータ評価モジュール LM536035EVM 評価モジュールと評価ボード

リファレンス・デザイン

77GHz レベル・トランスミッタ向け電力最適化回路のリファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン TIDEP-0091 は、最小のパワー・エンベロープで距離を高精度検出することが求められる 4 ~ 20mA センサや他の低消費電力アプリケーションで、76 ~ 81GHz のミリ波センサ IWR14xx を使用して電力を最適化する方法を示します。これらのアプリケーションでは、システムは多くの場合、システム本体の動作より消費電力の小さい低電圧のデータ・ラインを使用して動作します。 電力入力の制約を満たす目的で平均消費電力を低減するために、デューティ・サイクルを設定した動作も不可欠です。MSP432 を使用して IWR14xx デバイスのデューティ・サイクル動作を外部から制御し、周期的なセンシングを行う方法で、電力最適化を実現します。 さらに、このリファレンス・デザインは、単一次元の距離検出に適したサンプルの構成を提供します。

77GHzミリ波を使用した液面検出の詳細をご確認ください(JAJY056)。

液面検出の紹介(ビデオ)をご覧ください。

 

リファレンス・デザインの使用許可、知的財産権、免責事項に関する重要なお知らせを表示。

New! Interactive Design
Interactive Design は、 Internet Explorer 9 以上のバージョンもしくは、 Firefox 、Chromeでご利用いただけます。設計パラメータを入力して、フル・バージョンの WEBENCH® 設計支援ツールをご利用ください。
Loading Data Loading...
WEBENCH® LM53602-Q1
    最小   最大   範囲  
  入力電圧 V 3.5 – 36.0V
  出力電圧 V 3.3 – 10.0V  
  負荷電流 A ≤ 2A  
  周囲温度 °C -40 – 150°C  
電源占有面積 部品コスト 効率
 
   
Explore Now
What are WEBENCH® tools?