LMK00304 3.1-GHz Differential Clock Buffer/Level Translator | TIJ.co.jp

LMK00304 (供給中) 3.1-GHz Differential Clock Buffer/Level Translator

 

概要

LMK00304デバイスは3GHz、4出力の差動ファンアウト・バッファで、高周波数、低ジッタのクロック/データ分配およびレベル変換を目的としています。入力クロックは2つの汎用入力、または1つの水晶振動子入力から選択できます。選択された入力クロックは2つのバンクに分配され、それぞれのバンクには2つの差動出力と1つのLVCMOS出力があります。差動出力バンクは、LVPECL、LVDS、HCSLドライバとして相互に構成するか、無効にできます。LVCMOS出力には同期イネーブル入力があり、イネーブルまたはディセーブル時にラント(微小)パルスなしの動作を実現できます。LMK00304は3.3Vのコア電源、および3つの独立した3.3V/2.5Vの出力電源で動作します。

LMK00304は高性能、多用途、高い電力効率から、固定出力のバッファ・デバイスの代替品として理想的で、システムのタイミング・マージンを拡大できます。

特長

  • 3:1入力マルチプレクサ
    • 2つの汎用入力は最高3.1GHzで動作し、LVPECL、LVDS、CML、SSTL、HSTL、HCSL、シングルエンド・クロックに対応
    • 1つの水晶振動子入力で、10MHz~40MHzの水晶振動子またはシングルエンド・クロックに対応
  • 2バンクで、それぞれに2つの差動出力
    • LVPECL、LVDS、HCSL、Hi-Z (選択可能)
    • LMK03806のクロック・ソースが156.25MHzのときのLVPECL付加ジッタ
      • 20fs RMS(10kHz~1MHz)
      • 51fs RMS(12kHz~20MHz)
  • 高PSRR: 156.25MHz時に-65/-76dBc (LVPECL/LVDS)
  • 同期イネーブル入力付きのLVCMOS出力
  • 構成をピンで制御可能
  • VCCコア電源: 3.3V ±5%
  • 3つの独立したVCCO出力電源: 3.3V/2.5V ±5%
  • 工業用温度範囲: -40℃~+85℃
  • 32リードのWQFN (5mm×5mm)

All trademarks are the property of their respective owners.

Design with LMK00304

Frequency Number of Outputs
 MHz
Output Format

機能一覧

他の製品と比較 ユニバーサル(プログラマブル) メール Excelへダウンロード
Part number オーダー・オプション Additive RMS jitter (Typ) (fs) Output frequency (Max) (MHz) Number of outputs VCC core (V) VCC out (V) Operating temperature range (C)
LMK00304 ご注文 51     3100     5     3.3     3.3
2.5    
-40 to 85    
LMK00301 ご注文 51     3100     11       3.3
2.5    
-40 to 85    
LMK00306 ご注文 51     3100     7       2.5
3.3    
-40 to 85    
LMK00308 ご注文 51     3100     9       2.5
3.3    
-40 to 85