LMK03806 Ultra-low jitter clock generator with 14 outputs | TIJ.co.jp

LMK03806 (供給中) Ultra-low jitter clock generator with 14 outputs

 

概要

LMK03806は、高性能かつ超低ジッタのマルチレート・クロック・ジェネレータであり、最高2.6GHzの周波数で14の出力において8つの異なる周波数を同時生成できます。各出力クロックはLVDS、LVPECL、またはLVCMOSフォーマットでプログラミング可能です。LMK03806は高性能な整数N PLL、低ノイズVCO、プログラマブル出力分周器を内蔵しており、低コストの水晶振動子からSONET、イーサネット、ファイバ・チャネル、XAUI、バックプレーン、PCIe、SATA、ネットワーク・プロセッサ用に複数の基準クロックを生成できます。

特長

  • 高性能、超低ジッタ・クロック・ジェネレータ
  • 低ジッタ
    • 312.5MHzの出力周波数で50fs未満のジッタ(1.875MHz~20MHz)
    • 312.5MHzの出力周波数で150fs未満のジッタ(12kHz~20MHz)
  • 低コストの水晶振動子または外部クロックから複数のクロックを生成。
  • プログラマブル出力フォーマット(LVDS、LVPECL、CMOS)による14の出力
  • 最大8つの固有の出力周波数。
  • 工業用温度範囲: -40~85℃
  • 調整可能なVCO周波数: 2.37~2.6GHz
  • プログラミング可能な分周器により、低コストの水晶振動子から複数のクロックを生成。
  • 3.15V~3.45Vで動作

All trademarks are the property of their respective owners.

Design with LMK03806

Recommend Input Frequency Output Frequencies
 MHz
Input Frequency  MHz
 MHz  MHz

機能一覧

他の製品と比較 超低ジッタ <300fsec-RMS メール Excelへダウンロード
Part number オーダー・オプション Input type Output type Output frequency (Max) (MHz) Number of outputs Operating temperature range (C) VCC out (V) VCC core (V) Programmability
LMK03806 ご注文 Crystal
LVCMOS
LVDS
LVPECL    
LVCMOS
LVDS
LVPECL    
2600     14     -40 to 85     3.3     3.3     uWire    
CDCM6208 ご注文 CML
LVCMOS
LVDS
LVPECL
XTAL    
CML
HCSL
LVCMOS
LVDS
LVPECL    
800     8     -40 to 85     3.3
2.5
1.8    
3.3
2.5
1.8    
I2C
Pin configuration
SPI    
CDCM6208V1F ご注文 CML
LVCMOS
LVDS
LVPECL
XTAL    
CML
HCSL
LVCMOS
LVDS
LVPECL    
800     8     -40 to 85     3.3
2.5
1.8    
3.3
2.5
1.8    
I2C
Pin configuration
SPI    
CDCM6208V2G ご注文 CML
LVCMOS
LVDS
LVPECL
XTAL    
CML
HCSL
HSDS
LVCMOS
LVDS    
800     8     -40 to 85     3.3
2.5
1.8    
3.3
2.5
1.8    
I2C
Pin configuration
SPI    
LMK03318 ご注文 LVCMOS
LVDS
LVPECL
XTAL    
CML
HCSL
LVCMOS
LVDS
LVPECL    
1000     8     -40 to 85     3.3
2.5
1.8    
3.3     EEPROM
I2C
Pin configuration    
LMK03328 ご注文 CML
LVDS
LVPECL
XTAL    
CML
HCSL
LVCMOS
LVDS
LVPECL    
1000     8     -40 to 85     3.3
2.5
1.8    
3.3     EEPROM
I2C
Pin configuration