LMX2572LP FSK 変調機能搭載、2GHz 低消費電力広帯域 RF シンセサイザ | TIJ.co.jp

LMX2572LP
この製品はすでに市場にリリースされており、ご購入できます。 一部の製品は、より新しい代替品を使用できる可能性があります。
FSK 変調機能搭載、2GHz 低消費電力広帯域 RF シンセサイザ

 

概要

LMX2572LPは低消費電力、高性能の広帯域シンセサイザで、内部ダブラーを使用せずに、12.5MHz~2GHzで1つの周波数を生成できます。PLLは非常に優れた性能を実現していながら、単一の3.3V電源で消費電流はわずか70mAです。

LMX2572LPは、デジタル・モバイル・ラジオ(DMR)やワイヤレス・マイクなどのアプリケーション向けに、FSK変調をサポートしています。離散レベルFSKおよびパルス整形FSKもサポートされています。プログラミングまたはピンにより、直接デジタルFSK変調を実現できます。

LMX2572LPを使用すると、複数デバイス間で出力を同期でき、入力と出力の間に確定的な遅延を必要とするアプリケーションにも対応できます。LMX2572LPには小さな粒度で位相を調整するオプションがあり、基板上やデバイス内での遅延の不一致を補正できます。周波数ランプ生成機能では、自動ランプ生成オプションまたは最大の柔軟性を実現する手動オプションを使用して、最大2セグメントのランプを合成できます。高速較正アルコリズムにより、ユーザーは周波数を20µs以内で変更できます。

LMX2572LPには、単一の3.3V電源からのLDOが搭載されているため、オンボードの低ノイズLDOが必要ありません。

特長

  • 出力周波数: 12.5MHz~2GHz
  • 低消費電力: 3.3V電源で70mA
  • 100kHzオフセットで位相ノイズ-124dBc/Hz (800MHzキャリア使用時)
  • PLL性能指数: -232dBc/Hz
  • PLL正規化1/fノイズ: -123.5dBc/Hz
  • 32ビットのフラクショナルN分周器
  • プログラマブル入力マルチプライヤによる整数境界スプリアスの解消
  • 複数デバイスでの出力位相の同期
  • ランプおよびチャープ機能のサポート
  • FSK直接デジタル変調のサポート
  • 2つのプログラム可能な出力電力レベル差分出力
  • 高速なVCO較正: 20µs未満
  • 単一の3V~3.5V電源

All trademarks are the property of their respective owners.

機能一覧

他の製品と比較 RF PLL / シンセサイザ メール Excelへダウンロード
Part number オーダー・オプション Output frequency (Min) (MHz) Output frequency (Max) (MHz) Normalized PLL phase noise (dBc/Hz) 1/f noise (10-kHz offset at 1-GHz carrier) (dBc/Hz) Current consumption (mA) VCC (V) Integrated VCO
LMX2572LP ご注文 12.5     2000     -232     -123.5     70     3.3     Yes