JAJS273D July   2003  – November 2016 MSP430FE423 , MSP430FE425 , MSP430FE427

PRODUCTION DATA.  

  1. 1デバイスの概要
    1. 1.1 特長
    2. 1.2 アプリケーション
    3. 1.3 概要
    4. 1.4 機能ブロック図
  2. 2改訂履歴
  3. 3Device Comparison
    1. 3.1 Related Products
  4. 4Terminal Configuration and Functions
    1. 4.1 Pin Diagram
    2. 4.2 Signal Descriptions
  5. 5Specifications
    1. 5.1  Absolute Maximum Ratings
    2. 5.2  ESD Ratings
    3. 5.3  Recommended Operating Conditions
    4. 5.4  Supply Current Into AVCC and DVCC Excluding External Current
    5. 5.5  Thermal Resistance Characteristics, PM Package (LQFP64)
    6. 5.6  Schmitt-Trigger Inputs − Ports (P1 and P2), RST/NMI, JTAG (TCK, TMS, TDI/TCLK,TDO/TDI)
    7. 5.7  Inputs P1.x, P2.x, TAx
    8. 5.8  Leakage Current − Ports (P1 and P2)
    9. 5.9  Outputs − Ports (P1 and P2)
    10. 5.10 Output Frequency
    11. 5.11 Typical Characteristics - Ports P1 and P2
    12. 5.12 Wake-up Time From LPM3
    13. 5.13 RAM
    14. 5.14 LCD
    15. 5.15 USART0
    16. 5.16 POR, BOR
    17. 5.17 SVS (Supply Voltage Supervisor and Monitor)
    18. 5.18 DCO
    19. 5.19 Crystal Oscillator, LFXT1 Oscillator
    20. 5.20 ESP430CE1, SD16 and ESP430 Power Supply and Operating Conditions
    21. 5.21 ESP430CE1, SD16 Input Range
    22. 5.22 ESP430CE1, SD16 Performance
    23. 5.23 ESP430CE1, SD16 Temperature Sensor
    24. 5.24 ESP430CE1, SD16 Built-in Voltage Reference
    25. 5.25 ESP430CE1, SD16 Reference Output Buffer
    26. 5.26 ESP430CE1, SD16 External Reference Input
    27. 5.27 ESP430CE1, Active Energy Measurement Test Conditions and Accuracy
    28. 5.28 ESP430CE1, Active Energy Measurement Test Conditions and Accuracy
    29. 5.29 ESP430CE1 Typical Characteristics (I1 SD16GAINx = 1)
    30. 5.30 ESP430CE1 Typical Characteristics (I1 SD16GAINx = 4)
    31. 5.31 ESP430CE1 Typical Characteristics (I1 SD16GAINx = 8)
    32. 5.32 ESP430CE1 Typical Characteristics (I1 SD16GAINx = 32)
    33. 5.33 Flash Memory
    34. 5.34 JTAG Interface
    35. 5.35 JTAG Fuse
  6. 6Detailed Description
    1. 6.1  CPU
    2. 6.2  Instruction Set
    3. 6.3  Operating Modes
    4. 6.4  Interrupt Vector Addresses
    5. 6.5  Special Function Registers
    6. 6.6  Memory Organization
    7. 6.7  Bootloader (BSL)
    8. 6.8  Flash Memory
    9. 6.9  Peripherals
      1. 6.9.1  Oscillator and System Clock
      2. 6.9.2  Brownout, Supply Voltage Supervisor (SVS)
      3. 6.9.3  Digital I/O
      4. 6.9.4  Basic Timer1
      5. 6.9.5  LCD Drive
      6. 6.9.6  Watchdog Timer (WDT+)
      7. 6.9.7  Timer_A3
      8. 6.9.8  USART0
      9. 6.9.9  ESP430CE1
      10. 6.9.10 Peripheral File Map
    10. 6.10 Input/Output Diagrams
      1. 6.10.1 Port P1 (P1.0 and P1.1) Input/Output With Schmitt Trigger
      2. 6.10.2 Port P1 (P1.2 to P1.7) Input/Output With Schmitt Trigger
      3. 6.10.3 Port P2 (P2.0 and P2.1) Input/Output With Schmitt Trigger
      4. 6.10.4 Port P2 (P2.2 to P2.5) Input/Output With Schmitt Trigger
      5. 6.10.5 Port P2 (P2.6 and P2.7) Unbonded GPIOs
      6. 6.10.6 JTAG Pins TMS, TCK, TDI/TCLK, TDO/TDI, Input/Output With Schmitt-Trigger or Output
      7. 6.10.7 JTAG Fuse Check Mode
  7. 7デバイスおよびドキュメントのサポート
    1. 7.1  使い始めと次の手順
    2. 7.2  デバイスの項目表記
    3. 7.3  ツールとソフトウェア
    4. 7.4  ドキュメントのサポート
    5. 7.5  関連リンク
    6. 7.6  Community Resources
    7. 7.7  商標
    8. 7.8  静電気放電に関する注意事項
    9. 7.9  Export Control Notice
    10. 7.10 用語集
  8. 8メカニカル、パッケージ、および注文情報

パッケージ・オプション

メカニカル・データ(パッケージ|ピン)
  • PM|64
発注情報

デバイスの概要

特長

  • 低い電源電圧範囲: 2.7V~3.6V
  • 超低消費電力
    • アクティブ・モード: 1MHz、3Vで400µA
    • スタンバイ・モード: 1.6µA
    • オフ・モード(RAM内容の保持):0.1µA
  • 5つの省電力モード
  • スタンバイ・モードから6µs以内にウェークアップ
  • 周波数ロック・ループ、FLL+
  • 16ビットRISCアーキテクチャ、命令サイクル・タイム125ns
  • 単相エネルギー測定用の信号処理を内蔵、アナログ・フロント・エンドと温度センサを搭載(ESP430CE1)
  • 16ビットのTimer_A (3つのキャプチャ/コンペア・レジスタ付き)
  • 128セグメント用のLCDドライバを搭載
  • シリアル通信インターフェイス(USART)、非同期UARTまたは同期SPIをソフトウェアで選択可能
  • ブラウンアウト検出器
  • 電源電圧スーパーバイザとモニタ、プログラムにより検出レベルを設定可能
  • シリアル・オンボード・プログラミング、外部のプログラミング電圧不要、セキュリティ・ヒューズによるプログラム可能なコード保護
  • ブートローダー(BSL)
  • ファミリ製品:
    • MSP430FE423
      8KB + 256Bのフラッシュ・メモリ、256BのRAM
    • MSP430FE425
      16KB + 256Bのフラッシュ・メモリ、512BのRAM
    • MSP430FE427
      32KB + 256Bのフラッシュ・メモリ、1KBのRAM
  • 64ピンのクワッド・フラット・パック(LQFP)で供給
  • モジュールの完全な説明については、『MSP430x4xxファミリ・ユーザーズ・ガイド』を参照

アプリケーション

  • 2線式および3線式の単相メータ
  • 改ざん防止メータ

概要

TI MSP430™ファミリの超低消費電力マイクロコントローラは複数のデバイスで構成され、それぞれが各種のアプリケーションを対象とする異なるペリフェラルを搭載しています。このアーキテクチャは5つの低消費電力モードを持ち、携帯用測定器用途でバッテリ駆動時間を延長するよう最適化されています。このデバイスには、強力な16ビットRISC CPU、16ビット・レジスタ、およびコンスタント・ジェネレータが搭載されており、コード効率が最大限に発揮されます。デジタル制御発振器(DCO)により、デバイスは低消費電力モードからアクティブ・モードへ6µs以内にウェークアップできます。

MSP430FE42xシリーズは、3つの独立した16ビットのシグマ-デルタADCと、内蔵の信号プロセッサ・コアを持つマイクロコントローラ構成であり、2線式および3線式の両方の構成で単相エネルギーを測定、計算するため使用されます。また、16ビットのタイマ、128セグメントのLCDドライブ機能、14本のI/Oピンも搭載されています。

代表的なアプリケーションは、変更を加えることのできない堅牢なメータなど、2線式および3線式の単相計測です。

製品情報(1)

型番パッケージ本体サイズ(2)
MSP430FE427IPMLQFP (64)10mm×10mm
MSP430FE425IPMLQFP (64)10mm×10mm
MSP430FE423IPMLQFP (64)10mm×10mm
提供中の全デバイスに関する最新の製品、パッケージ、および注文情報についてはSection 8の「付録:パッケージ・オプション」またはwww.ti.comのTI Webサイトを参照してください。
ここに記載されているサイズは概略です。許容公差を含めたパッケージの寸法については、Section 8の「メカニカル・データ」を参照してください。

機能ブロック図

機能ブロック図を、Figure 1-1に示します。

MSP430FE427 MSP430FE425 MSP430FE423 func_block_dgm.gif Figure 1-1 MSP430FE42xのブロック図