OPA189 14MHz、マルチプレクサ対応、低ノイズ、ゼロドリ フト、RRO、CMOS 高精度オペアンプ | TIJ.co.jp

OPA189 (供給中)

14MHz、マルチプレクサ対応、低ノイズ、ゼロドリ フト、RRO、CMOS 高精度オペアンプ

14MHz、マルチプレクサ対応、低ノイズ、ゼロドリ フト、RRO、CMOS 高精度オペアンプ	 - OPA189
 

概要

OPAx189 (OPA189およびOPA2189)シリーズの高精度オペアンプは、非常にノイズが低くセトリングが高速なゼロドリフトのデバイスであり、レール・ツー・レール出力動作を行い、独自のMUXフレンドリなアーキテクチャと、制御されたスタートアップ・システムが採用されています。これらの機能と、非常に優れたAC性能、およびオフセット電圧がわずか0.4µV、温度範囲にわたってドリフト係数が0.005µV/℃であることから、OPAx189は高精度の計測機器、信号測定、およびアクティブ・フィルタ処理アプリケーションに最適です。さらに、MUXフレンドリな入力アーキテクチャにより、大きな入力差動電圧を印加するときに突入電流が防止され、マルチ・チャネル・システムでセトリング性能が改善され、同時に輸送時、取り扱い時、組み立て時における堅牢なESD保護が行われます。どのバージョンも、-40℃~+125℃で動作が規定されています。

特長

  • 非常に高い精度
    • ゼロドリフト: 0.005µV/℃
    • 非常に低いオフセット電圧: 3µV (最大値)
  • 非常に優れたDC精度
    • CMRR: 168dB
    • オープンループ・ゲイン: 170dB
  • 低ノイズ
    • 1kHzでのen: 5.2nV/√Hz
    • 0.1Hz~10Hzのノイズ: 0.1µVPP
  • 非常に優れた動的性能
    • ゲイン帯域幅: 14MHz
    • スルーレート: 20V/µs
    • 高速セトリング: 10Vステップ、0.01%まで1.1µs
  • 堅牢な設計
    • MUXフレンドリな入力
    • 入力のRFI/EMIフィルタ処理
  • 広い電源電圧範囲: 4.5V~36V
  • 静止電流: 1.7mA (最大値)
  • レール・ツー・レール出力
  • 入力に負のレールも含む

All trademarks are the property of their respective owners.

詳細を表示

機能一覧 他の製品と比較 高精度オペアンプ (Vos<1mV)

 
Number of Channels (#)
Total Supply Voltage (Min) (+5V=5, +/-5V=10)
Total Supply Voltage (Max) (+5V=5, +/-5V=10)
GBW (Typ) (MHz)
Slew Rate (Typ) (V/us)
Rail-to-Rail
Vos (Offset Voltage @ 25C) (Max) (mV)
Offset Drift (Typ) (uV/C)
Iq per channel (Typ) (mA)
Vn at 1kHz (Typ) (nV/rtHz)
CMRR (Typ) (dB)
Rating
Operating Temperature Range (C)
Package Group
Package Size: mm2:W x L (PKG)
Input Bias Current (Max) (pA)
Output Current (Typ) (mA)
Features
Architecture
OPA189
1    
4.5    
36    
14    
20    
In to V-
Out    
0.003    
0.005    
1.3    
5.2    
168    
Catalog    
-40 to 125    
SOIC    
8SOIC: 29 mm2: 6 x 4.9(SOIC)    
300    
65    
EMI Hardened
High Cload Drive
Zero Drift    
CMOS    

主要ツールとソフトウェア