OPA4325 高精度、10MHz、低ノイズ、低消費電力、RRIO、CMOS、ゼロクロスオーバ・オペアンプ | TIJ.co.jp

OPA4325 (供給中) 高精度、10MHz、低ノイズ、低消費電力、RRIO、CMOS、ゼロクロスオーバ・オペアンプ

 

概要

OPA2325 および OPA4325 (OPAx325) デバイスは、わずか 650µA の低い静止電流で動作するように最適化され、ノイズが非常に低く帯域幅が広い、高精度、低電圧の相補型金属酸化膜半導体 (CMOS) オペアンプです。

OPAx325 はゼロ・クロスオーバー歪みのリニア入力段を特長とし、入力範囲全体で 114dB (標準値) という優れた同相除去比 (CMRR) を実現しています。入力同相範囲は、負および正の電源レールよりも100mV拡張されています。出力電圧のスイングは通常、レールから10mVの範囲内です。

ゼロ・クロスオーバー歪み、広い帯域幅 (10MHz)、高いスルーレート (5V/µs)、低ノイズ (9nV/√Hz) を特長とする OPAx325 は、逐次比較型 (SAR) A/D コンバータ (ADC) の入力ドライバ・アンプとして非常に優れています。また OPA325 は、2.2V~5.5V の広い電源電圧範囲を持ち、電源電圧範囲全体にわたって電源除去比 (PSRR) が優れているため、レギュレーションなしで直接バッテリ動作する高精度、低消費電力アプリケーションに適しています。

OPA2325 (デュアル・チャネル・バージョン)はSO-8およびMSOP-8パッケージで供給されます。OPA4325 (クワッド・チャネル・バージョン)はTSSOP-14パッケージで供給されます。

特長

  • ゼロ・クロスオーバー歪みで高精度
    • 低いオフセット電圧:150µV (最大値)
    • 高いCMRR: 114dB
    • レール・ツー・レール I/O
  • 広い帯域幅:10MHz
  • 静止電流:650µA/ch
  • 単一電源電圧範囲:2.2~5.5V
  • 低い入力バイアス電流:0.2pA
  • 低ノイズ:9nV/√Hz (10kHz 時)
  • スルーレート:5V/µs
  • ユニティ・ゲイン安定

All trademarks are the property of their respective owners.

機能一覧

他の製品と比較 高精度オペアンプ (Vos<1mV) メール Excelへダウンロード
Part number オーダー・オプション Number of channels (#) Total supply voltage (Min) (+5V=5, +/-5V=10) Total supply voltage (Max) (+5V=5, +/-5V=10) GBW (Typ) (MHz) Slew rate (Typ) (V/us) Rail-to-rail Vos (offset voltage @ 25 C) (Max) (mV) Offset drift (Typ) (uV/C) Iq per channel (Typ) (mA) Vn at 1 kHz (Typ) (nV/rtHz) CMRR (Typ) (dB) Rating Operating temperature range (C) Package Group Package size: mm2:W x L (PKG) Input bias current (Max) (pA) Output current (Typ) (mA) Features Architecture
OPA4325 ご注文 4     2.2     5.5     10     5     In
Out    
0.15     2     0.65     10     114     Catalog     -40 to 125     TSSOP | 14     14TSSOP: 32 mm2: 6.4 x 5 (TSSOP | 14)     10     30     Zero Crossover     CMOS