TLV2172-Q1 車載 36V、単一電源、10MHz、レール・ツー・レール出力オペアンプ | TIJ.co.jp

TLV2172-Q1 (供給中) 車載 36V、単一電源、10MHz、レール・ツー・レール出力オペアンプ

 

概要

TLV2172-Q1オペアンプは、THD+Nが1kHzにおいて0.0002%で、4.5V (±2.25V)から36V (±18V)までの電源で動作できます。このような特長に加え、TLV2172-Q1は低ノイズで電源電圧除去比(PSRR)も非常に高いことから、HEV/EV自動車およびパワー・トレイン、医療機器などのアプリケーションで、マイクロボルト・レベルの信号を増幅するのに適しています。TLV2172-Q1デバイスはオフセット・ドリフトが小さく、帯域幅は10MHzと広く、スルーレートは10V/µs、温度範囲全体にわたる静止電流はわずか2.3mA (最大値)です。

ほとんどのオペアンプは1つの電源電圧でのみ動作が規定されているのに対して、TLV2172-Q1デバイスは4.5V~36Vで規定されており、電源レールの範囲外の入力信号でも位相反転を起こすことはありません。TLV2172-Q1デバイスは、最大300pFの容量性負荷で安定して動作します。通常の動作時に、入力は負のレールより100mV下、および正のレールから2V以内で動作できます。なお、完全なレール・ツー・レール入力で、正のレールを100mV超えて動作しますが、正のレールから2V以内では性能が低下します。

TLV2172-Q1オペアンプは、-40℃~+125℃での動作が規定されています。

特長

  • 車載アプリケーションに対応
  • 下記内容でAEC-Q100認定済み:
    • デバイス温度グレード1: 動作時周囲温度範囲    –40°C~+125°C
    • デバイスHBM ESD分類レベル3A
    • デバイスCDM ESD分類レベルC6
  • 電源電圧範囲: 4.5V~36V、±2.25V~±18V
  • 低ノイズ: 9nV/√Hz
  • 低いオフセット・ドリフト: ±1µV/℃(標準値)
  • EMI強化
  • 入力範囲は負の電源電圧にも対応
  • レール・ツー・レール出力
  • ゲイン帯域幅: 10MHz
  • スルーレート: 10V/µs
  • 低い静止電流: アンプごとに1.6mA
  • 高い同相除去: 116dB (標準値)
  • 低い入力バイアス電流: 10pA

All trademarks are the property of their respective owners.

機能一覧

他の製品と比較 汎用オペアンプ メール Excelへダウンロード
Part number オーダー・オプション Number of channels (#) Total supply voltage (Min) (+5V=5, +/-5V=10) Total supply voltage (Max) (+5V=5, +/-5V=10) GBW (Typ) (MHz) Slew rate (Typ) (V/us) Rail-to-rail Vos (offset voltage @ 25 C) (Max) (mV) Iq per channel (Typ) (mA) Vn at 1 kHz (Typ) (nV/rtHz) Rating Operating temperature range (C) Package Group Package size: mm2:W x L (PKG) Offset drift (Typ) (uV/C) Features CMRR (Typ) (dB) Output current (Typ) (mA) Architecture
TLV2172-Q1 ご注文 2     4.5     36     10     10     In to V-
Out    
1.7     1.6     9     Automotive     -40 to 125     VSSOP | 8     8VSSOP: 15 mm2: 4.9 x 3 (VSSOP | 8)     1     Cost Optimized
EMI Hardened    
116     75     CMOS