TPS3700-Q1
この製品はすでに市場にリリースされており、ご購入できます。 一部の製品は、より新しい代替品を使用できる可能性があります。
オートモーティブ、高電圧(18V)ウィンドウ・コンパレータ、過電圧/低電圧検出付き

 

モデル (4)

タイトル カテゴリ 種類 日付
TPS3700 TINA-TI Transient Reference Design TINA-TI Reference Design TSC 2016年 8月 18日
TPS3700 TINA-TI Transient Spice Model TINA-TI Spice Model ZIP 2016年 8月 18日
TPS3700 PSpice Transient Model PSpice Model ZIP 2016年 7月 14日
TPS3700 Unencrypted PSpice Transient Model PSpice Model ZIP 2016年 7月 14日

設計キット&評価モジュール (3)

内容 型番 ソフトウェア/ツール・タイプ
SiC と IGBT トランジスタ / 電源モジュール向け駆動機能と保護機能の評価ボード UCC21710QDWEVM-025 評価モジュールと評価ボード
TPS3700 評価基板、高電圧 (18V) ウィンドウ・コンパレータ TPS3700EVM-202 評価モジュールと評価ボード
評価モジュール、TPS3700 用、高電圧(18V)ウィンドウ・コンパレータ TPS3700EVM-114 評価モジュールと評価ボード

リファレンス・デザイン

SiC/IGBT isolated gate driver reference design with thermal diode and sensing FET

このリファレンス・デザインは、IGBT モジュールを駆動する、高度な保護機能を実装した IGBT または SiC 絶縁型ゲート・ドライバのパワー・ステージです。このデザインは、高いレベルの安全性機能をサポートする単一のトラクション・インバータを使用して、単相パワー・ステージを形成しています。この IGBT モジュールは、温度監視向けの内蔵サーマル・ダイオードと、過電流保護向けの FET センシングを搭載しており、迅速で高精度の保護を実現します。このモジュールは、バイアス電源とその出力電圧に対する監視機能、冗長回路内の絶縁型 DC バス・センシング機能、ハイサイド・ドライバとローサイド・ドライバ向けの温度センシング機能、PWM ゲート信号の監視、障害信号注入診断機能を搭載しています。この電源は、4.5V ~ 65V DC の広い入力範囲を受け入れ、最大 180mA の出力電流を供給します。絶縁型ゲート・ドライバは最大 ±10A の駆動能力を達成しているほか、温度と電圧のセンシングに使用できるアナログ/PWM コンバータも搭載しています。

リファレンス・デザインの使用許可、知的財産権、免責事項に関する重要なお知らせを表示。

ソフトウェア (1)

TPS3700 Resistor Divider Calculator  (ZIP 77 KB )    2018年 3月 26日    (英語)

CAD/CAE シンボル

型番 パッケージ|ピン数 CAD ファイル(.bxl) STEP モデル(.stp)
TPS3700-Q1 ダウンロード ダウンロード

テキサス・インスツルメンツは Accelerated Designs, Inc. と連携して、TI 製品用の回路図記号と PCB レイアウト・フットプリントを提供しています。

CAD シンボルを表示するには、以下の手順に従ってください。

ステップ 1: ソフトウェアをダウンロードしてインストールします Ultra Librarian software

ステップ 2:CAD ファイル(.bxl)のテーブルから記号およびフットプリントをダウンロードします。

ステップ 3:Ultra Librarian Reader ソフトウェアで .bxl ファイルを開きます。

完了 CAD/CAE 記号データベースは //webench.ti.com/cad/ でご確認いただけます。

PCB フットプリントと回路図記号は、特定ベンダに依存しないフォーマットでダウンロードできます。ダウンロード後に Ultra Librarian Reader を使用して、業界トップクラスの EDA CAD/CAE 設計ツールにエクスポートすることができます。 Ultra Librarian Reader . このリーダーはで入手可能 無償ダウンロード

Ultra Librarian Reader は、Ultra Librarian ツールセットの一部で、実質的にどんな EDA CAD/CAE フォーマットでも、コンポーネントとその属性の生成、インポート、エクスポートが可能です。