TPS40140 スタッカブル・コントローラ、2 チャネル多相または 2 チャネル独立出力 | TIJ.co.jp

TPS40140 (非推奨品) スタッカブル・コントローラ、2 チャネル多相または 2 チャネル独立出力

 

新規設計に用いることは推奨しません (NRND)

代替製品 TPS40322 – このデバイスは類似の機能を備えていますが、同等の機能ではありません。

TI では、この製品を新規設計に使用することはお勧めしません。これまでにご購入されたお客様をサポートするために引き続きこの製品を提供しています。

概要

TPS40140は、単一出力の2フェーズ電源、または2つの独立した出力をサポートする電源として構成可能な、多機能同期バック・ コントローラです。いくつかのTPS40140コントローラをスタックすることで、最大16フェーズのマルチフェーズ単一出力電源 を構成できます。または、それぞれ独立した出力を提供する複数のコントローラをインタリーブ・パターンに同期化することに より、入力リップル電流を改善することができます。

TPS40140は、1MHzで15V入力を0.7V出力に変換することができます。

各フェーズは、最大1MHzのスイッチング周波数で動作します。1デバイス内の2つのフェーズは、180°位相差をもって動作しま す。複数デバイスのスタッカブル構成では、マスターを基準とした各スレーブの位相シフトをプログラミングできます。

特長

  • VDD:4.5V~15V、内部5Vレギュレータ
  • VOUT:0.7V~5.8V
  • 1MHzで15V入力を0.7V出力に変換
  • デュアル出力または2フェーズのインタリーブ動作、16フェーズまでスタッカブル
  • プリバイアス出力をサポート
  • プログラミング可能なスイッチング周波数:最大1MHz/フェーズ
  • 0.5%内部トリミングされた0.7Vリファレンス
  • シャットダウン電流:10μA
  • 強制電流シェアリング(1)による電流モード制御
  • 電源段動作範囲:1V~40V
  • 異なる入力電圧レールからのパワー・シェアリング(例:5Vからマスター、12Vからスレーブ
  • リモート・センス差動増幅器
  • プログラミング可能な入力低電圧ロックアウト
  • 抵抗またはインダクタDCR電流センス
  • TPS40120と組み合わせて6ビットのデジタル制御出力を実現
  • 36ピンQFNパッケージ
  • アプリケーション
    • グラフィック・カード
    • インターネット・サーバ
    • ネットワーク機器
    • 通信機器
    • DC給電システム

(1)特許出願中