UCD90120 12 チャネル・シーケンサおよびシステム・ヘルス・モニタ | TIJ.co.jp

UCD90120 (非推奨品) 12 チャネル・シーケンサおよびシステム・ヘルス・モニタ

 

新規設計に用いることは推奨しません (NRND)

代替製品 UCD90120A – このデバイスは、比較対象のデバイスと機能とピン配置が同一ですが、完全に同等ではありません。

TI では、この製品を新規設計に使用することはお勧めしません。これまでにご購入されたお客様をサポートするために引き続きこの製品を提供しています。

The most current UCD90xxx PMBus™ Command Reference is available at http://www.ti.com/fusiondocs

概要

UCD90120電源シーケンサおよびシステム・動作状態監視は、 最大12チャネルの独立した電源電圧を監視し、シーケンシング を行えます。12ビットのADCと2.5Vの内部基準電源を内蔵し、 最大13の電源電圧、電流、および温度の入力を監視できます。

26本のGPIOピンが用意され、電源イネーブル、パワーオン・ リセット信号、外部割り込み、複数のUCD90120デバイスのカ スケード、または他のシステム機能に利用できます。そのうち 12本のピンは、電源のマージニング、およびスイッチ・モード 電源用クロック生成などの汎用PWM機能に使用できます。

デバイスの設定には、TIのFusion Digital Power Designerを利用できます。これはPCベースのグラフィカル・ユーザ・イン ターフェイス(GUI)であり、すべてのシステム動作パラメータ の設定、格納、および監視のための直感的なインターフェイス を提供します。

UCD90120は、量産前でのシステム内の設定とモニター用に I2C/PMBus/SMBus通信インターフェイスを備えており、量産 時のプログラミング用にJTAGポートを備えています。

特長

  • 12チャネルの電圧の監視とシーケンシング
    • 全電源チャネルを200µs毎にサンプリング
    • 2.5V, 0.5%精度の内部基準電圧による12ビット ADC
    • 時間、電源チャネル、およびピン設定の依存関 係に基づいたシーケンス制御
    • 6つのハードウェア・コンパレータにより電源障 害時に80µs未満の応答時間を実現
    • 監視入力毎に4つのプログラマブルな低電圧お よび過電圧のスレッショルド
    • リトライ、スレーブのシャットダウン、および 再シーケンスを含めたプログラマブルな障害対応
  • 不揮発性エラー・ログ
    • 最大18件の障害情報を記録
    • すべての監視入力に対してピーク値を記録
  • 10チャネルの電源の閉ループ制御・マージニング 機能
    • マージン出力ポートによって電源電圧をユーザ 定義のマージン・スレッショルドに調整
    • 未使用のマージン出力ポートをGPIOまたは汎用 PWM出力として使用可能
  • ウォッチドッグ・タイマとシステム・リセット
    • プログラマブルなWDTリセットおよびスタート 時間
    • 設定可能なシステム・リセット・パルス幅
  • 柔軟なデジタルI/O設定
    • GPO設定用ブール論理ビルダ
    • GPIOをイネーブル、リセット、パワーグッド、 および他のオンボード機能として使用可能
  • 広範囲な単一電源電圧(3.3V~12V)
    • 内部温度センサ
    • 64ピンQFNパッケージ
  • JTAGおよびI2C/SMBus/PMBusインターフェイス
  • Fusion Digital Power™ GUIによるデバイス動作の 設定、監視
  • APPLICATIONS
    • 産業用/自動試験装置
    • 通信、ネットワーク機器
    • サーバおよびストレージ・システム
    • 複数の電源チャネルのシーケンシングと監視を必 要とする任意のシステム