UCD9090 10 チャネル・シーケンサおよびシステム・ヘルス・モニタ | TIJ.co.jp

UCD9090 (非推奨品) 10 チャネル・シーケンサおよびシステム・ヘルス・モニタ

 

Recommended alternative: UCD9090A is the recommended alternative to the UCD9090 device.

The most current UCD90xxx PMBus™ Command Reference is available at http://www.ti.com/fusiondocs

概要

UCD9090は、10レールのPMBus/I2Cをアドレス可能な電源シーケンスICおよびモニタです。 このデバイスには 10 ビット ADC が内蔵されており、最大 12 の電源電圧入力を監視できます。 23 本の GPIO ピンを、電源イネーブル、パワー・オン・リセット信号、外部割り込み、カスケード接続、その他のシステム機能に使用できます。これらのピンのうち 10 本には、PWM 機能があります。 これらのピンを使用して、UCD9090 はマージン設定、および汎用 PWM 機能をサポートします。

ピンによりレール状態を選択する機能を使用して、特定の電力状態を実現できます。この機能により、最大3つのGPIを使用して任意のレールをイネーブルまたはディセーブルできます。これは、システムの低消費電力モードや、ハードウェア・デバイスに使用されるACPI (Advanced Configuration and Power Interface)仕様を実装するために便利です。

TI Fusion Digital Power™ Designerソフトウェアがデバイス構成用に提供されています。この PC ベースのユーザー・インターフェイス (GUI) により、すべてのシステム動作パラメータの設定、保存、および監視を直感的なインターフェイスから実行できます。

特長

  • 10 の電圧レールの監視とシーケンス
    • すべてのレールを 400µs ごとにサンプリング
    • 2.5V、0.5% の内部 VREF 付きの 12 ビット ADC
    • 時間、レール、およびピンの依存関係に基づいたシーケンス
    • モニタごとに、4 つの低電圧および過電圧スレッショルドをプログラム可能
  • モニタごとのエラーとピーク値の不揮発性ログ出力 (最大 30 のフォルト詳細エントリ)
  • 10 レールに対する閉ループのマージン設定
    • マージン出力により、ユーザー定義のマージン・スレッショルドに一致するようレール電圧を調整
  • ウォッチドッグ・タイマとシステム・リセットをプログラム可能
  • 柔軟なデジタル I/O 構成
  • ピンによりレール状態を選択
  • 複数のデバイスをカスケード接続
  • マルチ位相の PWM クロック・ジェネレータ
    • 15.259kHz~125MHz のクロック周波数
    • 独立したクロック出力を構成し、スイッチ・モード電源を同期する機能
  • JTAGおよびI2C/SMBus/PMBus™インターフェイス

All trademarks are the property of their respective owners.