DRV5053 DRV5053 アナログバイポーラ・ホール効果センサ | TIJ.co.jp

DRV5053 (供給中)

DRV5053 アナログバイポーラ・ホール効果センサ

DRV5053 アナログバイポーラ・ホール効果センサ - DRV5053
 

概要

DRV5053デバイスはチョッパ安定化されたホールICで、全温度範囲で優れた感度安定性を持ち、保護機能が内蔵された磁気センシング・ソリューションです。

0~2Vのアナログ出力は、印加された磁束密度に対して線形的に応答し、磁界方向の極性を区別します。このデバイスは2.5~38Vの広い動作電圧範囲と、-22Vまでの逆極性保護を持つため、広範な産業用および民生用アプリケーションに適しています。

逆電圧の状態、負荷ダンプ、および出力短絡や過電流に対して、内部的な保護機能が搭載されています。

特長

  • 線形出力ホール・センサ
  • 優れた温度安定性
    • 温度範囲の全体で感度±10%
  • 高感度オプション
    • -11mV/mT (OA、図17を参照)
    • -23mV/mT (PA)
    • -45mV/mT (RA)
    • -90mV/mT (VA)
    • +23mV/mT (CA)
    • +45mV/mT (EA)
  • 広い範囲の電圧をサポート
    • 2.5~38V
    • 外部レギュレータ不要
  • 広い範囲の温度で動作
    • TA = -40℃~125℃ (Q、図17を参照)
  • 出力段の増幅
    • 2.3mAシンク、300µAソース
  • 出力電圧: 0.2~1.8V
    • B = 0mT、OUT = 1V
  • 高速パワーオン: 35µs
  • 小さなパッケージと占有面積
    • 表面実装の3ピンSOT-23 (DBZ)
      • 2.92mm×2.37mm
    • スルーホールの3ピンTO-92 (LPG)
      • 4.00mm×3.15mm
  • 保護機能
    • 逆電圧保護(最大-22V)
    • 40Vまでの負荷ダンプをサポート
    • 出力短絡保護
    • 出力電流制限

All trademarks are the property of their respective owners.

詳細を表示

機能一覧 他の製品と比較 リニア・ホール効果センサ

 
Type
Supply Voltage (Vcc) (Min) (V)
Supply Voltage (Vcc) (Max) (V)
Output
Accuracy (%)
Rating
Sensitivity (Typ) (mV/mT)
Operating Temperature Range (C)
Pin/Package
DRV5053 DRV5055 DRV5056
Bipolar     Ratiometric Bipolar     Ratiometric Unipolar    
2.5     3     3    
38     5.5     5.5    
0.2 V to 1.8 V     0.2 V to Vcc     0.6 V to Vcc    
70     5     5    
Catalog     Catalog     Catalog    
-11
-23
-45
-90
+23
+45    
12.5
25
50
100    
25
50
100
200    
-40 to 125     -40 to 125     -40 to 125    
3SOT-23
3TO-92    
3SOT-23
3TO-92    
3SOT-23
3TO-92    

その他の認定バージョン DRV5053

バージョン 型番 定義
オートモーティブ DRV5053-Q1 欠陥ゼロを目標とする高信頼性オートモーティブ・アプリケーションに対する認定を受けた Q100 デバイス