MSP430C412 (供給中)

16 ビット 超低消費電力マイクロコントローラ、4 kB ROM、256 バイト RAM、96 セグメント LCD

 

概要

テキサス・インスツルメンツの超低消費電力マイクロコントローラ MSP430 ファミリは、色々なアプリケーションのための異なる種類のペリフェラルデバイスで構成されています。5 つの低消費電力モードを持ったアーキテクチャは、携帯 型計測機器アプリケーションのバッテリ寿命を延ばすために最適化されています。デバイスには、パワフルな 16 ビット RISC CPU、16 ビット・レジスタ、及び最大コード効率のためのコンスタント・ジェネレータが搭載されてい ます。デジタル・コントロール・オシレータ(DCO)により、低消費電力モードからアクティブ・モードへのウェイ クアップが 6 μs 以内で行われます。

MSP430x41x シリーズは、1 つ又は 2 つの 16 ビット・タイマ、コンパレータ、96 LCD セグメント・ドライブ機能、及び 48 I/O 端子を搭載したマイクロコントローラ構成となっています。

標準的なアプリケーションとしては、アナログ信号を取得し、デジタル値に変換し、データを処理し、ホスト・システム へ送信するセンサ・システムがあります。コンパレータ及びタイマにより、工業用メータ、カウンタ・アプリケーシ ョン、ハンド・ヘルド・メータ等に理想的な構成となります。

特長

  • 低電源電圧範囲:1.8 V ~ 3.6 V
  • 超低消費電力:
    • アクティブ・モード:200 μA (1 MHz、2.2 V)
    • スタンバイ・モード:0.7 μA
    • オフ・モード(RAM データ保持):0.1 μA
  • 5 つのパワー・セーブ・モード
  • スタンバイ・モードからのウェークアップは 6 μs 以下
  • 周波数ロック・ループ(FLL+)
  • 16 ビット RISC アーキテクチャ、125 ns インストラクション・サイクル・タイム
  • 16 ビット タイマ_A (3 つ`x412 及び `x413 デバイス 又は 5 つ`F415 及び `F417 デバイス のキャプチャ /コンペアレジスタ付き)
  • 96 セグメント LCD ドライバ内蔵
  • オン・チップ・コンパレータ
  • ブラウンアウト検出(BOR)
  • 検出レベル可変 電源電圧監視/モニタ( MSP430F415/417 デバイスのみ)
  • シリアル・オンボード・プログラミング、外部 プログラミング電圧不要、セキ ュリティ・ヒューズによるプログラム可能なコー ド保護
  • ブートストラップ・ローダ(フラッシュ・デバイス)
  • ファミリ製品:
    • MSP430C412: 4KB ROM、256B RAM
    • MSP430C413: 8KB ROM、256B RAM
    • MSP430F412: 4KB + 256B フラッシュ・メモリ 256B RAM
    • MSP430F413: 8KB + 256B フラッシュ・メモリ 256B RAM
    • MSP430F415: 16KB + 256B フラッシュ・メモリ 512B RAM
    • MSP430F417: 32KB + 256B フラッシュ・メモリ 1KB RAM
  • 64 ピン QFP 及び 64 ピン QFN パッケージ
  • モジュールの詳細は、MSP430x4xx ファミリ ユーザー ズ・ガイド 資料番号 SLAU141(日本語版)、 SLAU056(英語版)を参照して下さい。

詳細を表示

主要ツールとソフトウェア