UCC24612 高周波マルチモード同期整流器コントローラ | TIJ.co.jp

UCC24612 (供給中)

高周波マルチモード同期整流器コントローラ

高周波マルチモード同期整流器コントローラ - UCC24612
 

概要

UCC24612は、標準および論理レベルNチャネルMOSFETパワー・デバイス向けの高性能同期整流コントローラ/ドライバです。ほぼ理想的なダイオード・エミュレーションを実装しているため、出力整流器の損失を低減し、間接的に1次側の損失を低減することができます。ドレイン-ソース間(VDS)センシング制御方式により、アクティブ・クランプ・フライバック、QR/DCM/CCMフライバック、LLCなど、複数のトポロジを使用できます。

内蔵された機能により、設計が簡単な上、さまざまなアプリケーションや周波数で優れた性能を発揮します。動作VDDおよびVD電圧範囲が広いことから、28Vまでの出力のシステムに簡単に実装でき、適応型最小オフ時間制御により、効率性およびノイズ耐性も向上しています。UCC24612-1とUCC24612-2では、ノイズ耐性の向上をもたらす最小オン時間が異なります。比例ゲート駆動およびCCMサイクル制限プリターンオフにより、連続導通モード(CCM)での安定動作もさらに向上しています。

UCC24612には、効率性を高めるさまざまな機能が搭載されています。伝搬遅延が短い高速コンパレータによりスイッチング損失が低減され、9.5Vのゲート駆動クランプによりMOSFETの駆動損失が低減されます。周波数に依存するスタンバイ・モードでは、スタンバイ消費電力をさらに削減できます。このような機能を備えたUCC24612を採用することで、DoE (米国エネルギー省)のレベルVIやCoC (欧州委員会の行動規範)のティア2といった厳しい効率基準を満たす優れたシステムを構築できます。

UCC24612はSOT23-5パッケージで供給されます。

特長

  • アクティブ・クランプ・フライバック、QR、DCM、CCMフライバック、LLCなどのトポロジをサポート
  • 最大230VのMOSFET VDSセンシング
  • 最高1MHzの動作周波数
    • UCC24612-1で1MHz
    • UCC24612-2で800kHz
  • VDD範囲が広いため、5V~28Vの出力システムからダイレクト・バイアスが可能
  • 4Aシンク、1Aソースの比例ゲート駆動能力を備えたゲート・ドライバ
  • 適応型最小オフ時間制御によりノイズ耐性が向上
  • サイクル制限プリターンオフによりCCMの効率が向上
  • ハイサイド/ローサイドの構成が可能
  • 軽負荷/スリープ・モードを自動的に管理、スタンバイ電流320µA
  • ターンオフ伝搬遅延: 16ns (標準値)
  • 9.5Vのゲート駆動クランプにより駆動損失を低減

All trademarks are the property of their respective owners.

詳細を表示

機能一覧 他の製品と比較 同期整流(SR)コントローラ

 
Frequency (Max) (kHz)
UVLO Thresholds On/Off (V)
Features
Operating Temperature Range (C)
Package Group
Package Size: mm2:W x L (PKG)
UCC24612 UCC24610 UCC24630 UCC24636
1000     600     200     130    
4.5/4     4.4/4.2     4/3.6     4/3.6    
  SYNC pin for CCM     Compatible with CCM     USB Type-C Compatible    
-40 to 125     -40 to 125     -40 to 125     -40 to 125    
SOT-23 | 5     SOIC | 8
SON | 8    
SOT-23 | 6     SOT-23 | 6    
5SOT-23: 8 mm2: 2.8 x 2.9 (SOT-23 | 5)     8SOIC: 29 mm2: 6 x 4.9 (SOIC | 8)
See datasheet (SON)    
6SOT-23: 8 mm2: 2.8 x 2.9 (SOT-23 | 6)     6SOT-23: 8 mm2: 2.8 x 2.9 (SOT-23 | 6)