パワートレインの温度センサ

パワートレイン・センサ - エンジン管理センサ

設計上の考慮事項

エンジン管理センサは、エンジンの様々な機能を監視し、排出ガスの低減、燃費の改善、エンジン効率の向上を支援します。エンジン管理センサには、以下のセンサが含まれます。

  • 圧力 – MAP(マニフォールド絶対圧力)、BAP(大気圧)、排出ガス制御(粒子フィルタの圧力)、OWS とタイヤの圧力
  • 液体の濃度 / 品質 – 燃料、オイル、AdBlue など各種液体 / フルードの組成と品質を測定
  • 位置 – バルブ・フラップ、カムシャフト、クランクシャフト、さらにフルード・レベルまで、各種の位置を測定。角度、回転数、線形の測定が可能
  • 温度 – 空気、液体、排気ガスの温度を測定し、低温や高温の検出機能、熱ループ制御、温度ドリフト補正機能も利用可能
  • 排出 – すす(煤煙)、粒子、NOx、ラムダ(空気量の差) / 酸素、アンモニアも含め、生成物ごとに排出物を測定する各種センサ
  • ノッキング – シリンダー内でスパーク・プラグの介在しない場所で空気と燃料の混合器が燃焼した場合に発生するエンジンのノッキング(不良燃焼)
  • 流入空気量(マス・エアフロー) – 内燃機関(エンジン)に流入する空気の流量を測定
  • 技術資料

    製品カタログ/ホワイト・ペーパー

    ホワイト・ペーパー (1)

    タイトル 概要 種類 サイズ (MB) 日付 表示回数 英語版
    PDF 586 KB 2016年 9月 23日 0

    ブログ

    サポートとトレーニング

    技術的な質問と回答を豊富に掲載している TI の包括的なオンライン・ナレッジ・ベースは 24 時間 365 日ご利用になれます。

    TI のエキスパートによる回答の検索

    コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
    使用条件をご確認ください

    TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI のサポート・ページをご覧ください