血圧計

血圧計のブロック図と設計上の考慮事項

設計上の考慮事項

血圧計は、コロトコフ音法、振動測定法、または脈波伝播時間(PPT)法を使用して、血圧を測定できます。血圧計は、血圧計腕帯、ポンプ、およびトランスデューサを使用して、血圧と心拍数を膨張、測定、収縮の 3 段階で測定します。この中には、LCD、選択ボタン、メモリ読み出し、パワー・マネージメント、および USB インターフェイスが含まれています。

圧力トランスデューサは、印加された差動入力圧力に比例する出力電圧を生成します。圧力トランスデューサの出力電圧範囲は 0mV ~ 40mV ですが、DC アンプの出力電圧範囲は 0V ~ 5V になるように増幅する必要があります。したがって、高ゲインのアンプが必要です。次に、DC アンプの出力信号をバンドパス・フィルタに渡します。DC アンプは、信号の DC 成分と AC 成分の両方を増幅します。フィルタは、1Hz ~ 4Hz 周辺でゲインを大きくし、この通過帯域以外では信号を減衰させるように設計します。フィルタから得られるこの AC 成分は、患者の心臓収縮期/心臓拡張期の血圧、および心拍数を取得する時期を決定する上で重要な役割を果たします。フロント・エンドの最終段は AC カップリング段であり、その後、信号は AD コンバータに送信され、デジタル化されます。

血圧と心拍数のデジタル処理は、マイクロプロセッサによって実行されます。処理結果は、EEPROM またはフラッシュ・メモリにデータ・ログとして格納されます。データを USB 経由で PC にアップロードすることもできます。アナログ回路を使用して、圧力トランスデューサの出力信号に含まれる DC 成分と AC 成分の両方を増幅し、その後、MCU を使用して信号を処理し、患者の健康に関する役立つ情報を入手できます。

類似の最終製品ソリューション

TI 最終製品

すべてのソリューションを表示

サポートとトレーニング

TI のサポート・フォーラムをお試しください
このパーツに関連するエキスパートからの回答の検索 新しい質問の投稿

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください。

その他のサポート

ニュース・リリース/寄稿記事

Blogs