デジタル・コックピット・プロセッシング・ユニット

ヘッド・ユニット - グラフィック処理モジュール

設計上の考慮事項

デジタル・コックピット・プロセッシング・ユニット(DCPU)は、統合型コックピット・インフォテインメント・システムの中心部です。このユニットは、従来型のヘッド・ユニット、クラスタ、ヘッド・アップ・ディスプレイ(HUD)の機能を単一のコントローラに統合しています。DCPU は、リモート・クラスタ・ディスプレイ、HUD、センター・スタック・ディスプレイ、複数の補助ディスプレイ向けのビデオ・グラフィックスを生成すると同時に、(リアとサイド)カメラ、サラウンド・ビュー・システム(SVS)、HMI、無線チューナー、車内コネクティビティからの入力も処理します。TI の IC、リファレンス・デザイン、および製品を採用すると、DPCU システムを効率的に設計し、開発期間を短縮することができます。

デジタル・コックピット・プロセッシング・ユニットの設計には、以下の要件が必要です。

  • 複数の高帯域幅ビデオ・リンクとデータ・リンク
  • 高性能 SoC 向けの効率的なパワー・マネージメント
  • ミックスド・シグナル環境内での高速シグナル設計
  • 統合の推進と設計の複雑度の緩和による、狭いスペース内での多くの機能の実現
  • EMI 要件の達成と性能のバランス確保

ブログ

サポートとトレーニング

技術的な質問と回答を豊富に掲載している TI の包括的なオンライン・ナレッジ・ベースは 24 時間 365 日ご利用になれます。

TI のエキスパートによる回答の検索

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI のサポート・ページをご覧ください