故障表示器(FI)

テキサス・インスツルメンツ製フォルト・パッセージ・インジケータ・ソリューション

設計上の考慮事項

故障インジケータは、中低電圧の配電伝送ラインにおいて障害電流がたどった経路を示します。このインジケータにより電力線の障害箇所が特定されるため、障害の特定に必要な時間を短縮できます。これは、障害箇所の分離およびシステム復元ベース(FLISR)のグリッド自動化システムにおける主要機能です。故障インジケータは、自己給電のためにバッテリーを使用するか、負荷電流またはソーラー・パネルからエネルギー・ハーベストを行い、超低消費電力で動作寿命を最大化します。また、LED を使用して電流の経路をローカルに示します。高度なインジケータは、通信用に RF 機能を備えた中央局にステータスを更新します。TI リファレンス・デザインと半導体製品の特長:

  • 電流 / 電圧の監視と測定、RF 通信のための超低電力有線 / 無線マイコン・プラットフォームの提供
  • エネルギー・ハーベスタ、D/A コンバータ(DAC)、LED ドライバ、I2C インタフェースで監視または制御できる統合 FET スイッチと保護機能搭載バッテリー・ゲージなどの統合アナログ IC
  • 正確な(±2.0% 以下)測定値を生成する低ノイズの信号チェーンにより、幅広い入力電流(0.5 ~ 100A)と電圧(50 ~ 300V)に対応

ブログ

サポートとトレーニング

技術的な質問と回答を豊富に掲載している TI の包括的なオンライン・ナレッジ・ベースは 24 時間 365 日ご利用になれます。

TI のエキスパートによる回答の検索

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI のサポート・ページをご覧ください