ガラス破損検出器

テキサス・インスツルメンツ(TI)のガラス破損検出器ソリューション

設計上の考慮事項

テキサス・インスツルメンツのガラス破損検知器リファレンス・デザインは、総消費電流の低減と同時に、検知器による複数のガラス破損レポートの迅速な送信を可能にし、誤警報を最小化します。ガラス破損検知器は、ガラス破損時の特有の高周波音を検出する音響デバイス(マイク)1 個と、検出された周波数を増幅し、MSP430 内蔵の ADC によるこの信号のサンプリングを可能にするオペアンプ 2 個で構成されています。

スタンドアロンやワイヤレス・コネクティビティの実装にはバッテリ寿命の延長が必要なことから、低消費電流の MSP430 マイコンはこうしたアプリケーションに最適です。ワイヤレス通信規格を選択する際、距離、ネットワーク構成、消費電力は重要な検討要素になります。TI は Wi-Fi®、Bluetooth、ZigBee、Sub-1GHzや他の通信規格など、広範なワイヤレス・プロトコルに対応したさまざまなデバイスを提供しています。

技術資料

アプリケーション・ノート

アプリケーション・ノート (2)

タイトル 概要 種類 サイズ (KB) 日付 表示回数 英語版
HTM 9 KB 2008年 2月 5日 17
HTM 8 KB 2007年 4月 27日 11

製品カタログ/ホワイト・ペーパー

ホワイト・ペーパー (5)

タイトル 概要 種類 サイズ (MB) 日付 表示回数 英語版
PDF 1.23 MB 2018年 1月 10日 105
PDF 873 KB 2017年 10月 16日 343
PDF 775 KB 2016年 8月 25日 154
PDF 905 KB 2014年 7月 31日 116
PDF 658 KB 2014年 7月 9日 64

類似の最終製品ソリューション

TI 最終製品

すべてのソリューションを表示

サポートとトレーニング

TI のサポート・フォーラムをお試しください
このパーツに関連するエキスパートからの回答の検索 新しい質問の投稿

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください。

その他のサポート

ニュース・リリース/寄稿記事

Blogs