ガラス破損検出器

テキサス・インスツルメンツ(TI)のガラス破損検出器ソリューション

設計上の考慮事項

ガラス破損検出器を設計するにあたり、スタンドアロン、ワイヤレス接続、固定/有線接続の 3 つの実現法が可能です。最初の 2 種類の実装は、バッテリー駆動です。ガラス破損検出器の機能ブロック図は、検出ブロック、プロセッサ、および通信インターフェイス・ブロックの 3 つのサブブロックに分けられます。基本的なスタンドアロン・タイプのガラス破損検出器を実装する場合、プロセッサと通信インターフェイスは必要ありません。検出ブロックは、ガラスが割れたときに生じる高い周波数の音を検出するための専用のアコースティック・デバイス(マイク)により、検出された周波数を2 つのオペアンプで増幅し、MSP430 に内蔵の ADC による信号のサンプリングを可能とします。スタンドアロンおよびワイヤレス接続で実現した場合、バッテリー寿命を延ばす必要があるため、これらのアプリケーションには、消費電流の少ない MSP430 マイクロコントローラが最適です。

アプリケーションに使用する外付けオペアンプの選択には、 コストとセトリング・タイム性能のバランスをとりながら、電流消費量を最小限に抑えることが重要です。セトリング・タイムは、ガラス破損 1 回に対して短時間で複数のレポートを提供することにより、誤警報を最小限に抑えることができるので重要です。外部コンポーネントによる電流消費量をさらに抑えるには、MSP430 ポート・ピンから電力を直接供給します。これにより、MSP430 がスタンバイ状態になると、アンプの電流消費量が 0 になり、このアプリケーションにおけるバッテリー駆動時間が大幅に延びます。

通信インターフェイス

RF トランシーバ:ロー・パワー・ワイヤレス(LPW)ソリューションの選択において、レンジ、ネットワーク構成、および消費電力は重要な要素です。レンジは出力パワー、感度、選択度の影響を受け、その結果、他の信号源のジャミングに影響したり、最寄りの干渉源から必要な信号を識別する能力に影響したりします。RF 設計では、特に 2.4GHz 帯域で動作する製品を設計する場合、他の機器からの干渉を受ける可能性があるので、選択度も重要になります。RF 無線を選択する際には、ポイント・ツー・ポイント型、スター型、メッシュ型ネットワークなど、ガラス破損検出器が使用するネットワーク構成を理解することも重要になります。これらのネットワーク構成は、無線、プロセッサ、メモリおよびシステムの電源要求条件に影響を与えます。

ライン・パワー: PoE(Power over Ethernet)(IEEE 802.3af)は、データと電源供給を標準の LAN 接続に統合します。PoE は、無停電で最大 15W(13W 負荷)、48V の電源をシステムに接続されたデバイスに供給できます。ガラス破損検出器の電源要求条件は、供給電源の上限である 12.5W を十分に下回るので、PoE から簡単に電力を供給できます。この種類の実装では、センサ側で AC 電源を使用する必要はありません。また、DC/DC 電源変換のみを必要とするので、検出器の電源コストも削減されます。

アプリケーション・ノート

アプリケーション・ノート (5)

タイトル 概要 種類 サイズ (KB) 日付 表示回数 英語版
HTM 9 KB 2011年 4月 7日 914
HTM 8 KB 2008年 9月 30日 38
HTM 9 KB 2008年 2月 5日 227
HTM 8 KB 2007年 4月 27日 213
PDF 145 KB 2005年 2月 25日 90

セレクション/ソリューション・ガイド

セレクション・ガイド (2)

タイトル 概要 種類 サイズ (KB) 日付 表示回数 英語版
PDF 3.75 MB 2010年 5月 18日 0
PDF 1.26 MB 2010年 3月 30日 3096

製品カタログ/ホワイト・ペーパー

ホワイト・ペーパー (6)

タイトル 概要 種類 サイズ (MB) 日付 表示回数 英語版
PDF 2.42 MB 2015年 7月 17日 0 最新の英語版をダウンロード (Rev.B)
PDF 775 KB 2016年 8月 25日 2686
PDF 960 KB 2016年 3月 21日 2167
PDF 905 KB 2014年 7月 31日 1432
PDF 658 KB 2014年 7月 9日 1243
PDF 393 KB 2014年 6月 27日 5187

ニュース・リリース/寄稿記事

寄稿記事

類似の最終製品ソリューション

TI 最終製品

すべてのソリューションを表示

Support & community

その他のサポート