暖房コスト・アロケータ

暖房コスト配分器

設計上の考慮事項

ヒート・コスト・アロケータは、個人顧客や企業にサービスを提供するセントラル・ヒーティング(集中暖房)システムで、各顧客が使用した熱エネルギー量を測定します。ラジエータの表面温度と室内の周囲温度を測定し、エンド・ユーザーに供給した熱エネルギー量を計算します。使用量データは通常、ワイヤレス通信リンクを経由してサービス・プロバイダに送信されます。ヒート・コスト・アロケータで最も一般的な通信プロトコルは、ワイヤレス MBUS です。TI のリファレンス・デザイン、IC、ソリューションを利用したヒート・コスト・アロケータ・アプリケーションの特長:

  • BOM(部品表)コストと電力消費量の低減によるバッテリ寿命の延長
  • 業界をリードする RF 性能と、ワイヤレス MBUS の統合

技術資料

アプリケーション・ノート

アプリケーション・ノート (1)

タイトル 概要 種類 サイズ (KB) 日付 表示回数 英語版
PDF 380 KB 2018年 4月 5日 0

ツール/ソフトウェア

名称 型番 会社名 ソフトウェア/ツール・タイプ
ワイヤレス M-Bus プロトコル・ソフトウェア WMBUS Texas Instruments アプリケーション・ソフトウェアとフレームワーク

ブログ

サポートとトレーニング

技術的な質問と回答を豊富に掲載している TI の包括的なオンライン・ナレッジ・ベースは 24 時間 365 日ご利用になれます。

TI のエキスパートによる回答の検索

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI のサポート・ページをご覧ください