メディア・インターフェース - USB 充電

メディア・インターフェイス

設計上の考慮事項

自動車業界は、急激に変化するパーソナル・エレクトロニクス市場の影響を常に受けています。TI では、設計サイクルおよび市場投入期間を短縮できるように、外部または内部のメディアと自動車のインフォテインメント・システムを接続する、メディア・インターフェイス用の革新的なリファレンス・デザインと関連 IC を提供しています。

USB 充電では、USB-IF 標準を満たすために充電とデータ転送の両方に対応したポートを含める必要があります。電源に関する USB-IF 標準としては BC1.2、USB Type-C、USB Power Delivery(PD)などがあり、データに関する USB-IF 標準としては USB 2.0、USB 3.0(SuperSpeed)、USB 3.1(SuperSpeed+)などがあります。

TI では、お客様の幅広いニーズに対応したソリューションを提供しています。

  • コネクテッド型車両エコシステム(USB ホスト・フリップまたは USB On-The-Go(OTG)とも呼ばれる)がサポートされた業界最先端のスマートフォン・インターフェイスと互換性があるパッシブ・メディア・ポート
  • 充電およびデータ転送機能を備えた USB Type-C および従来の BC1.2 ポート
  • 車載環境で使用されるさまざまな長さのケーブルで USB 2.0 および USB 3.0 標準のシグナル・インテグリティを維持
  • 長いケーブルで生じる電圧降下を補正するケーブル補償
  • USB Power Delivery(PD)が使用されたデバイス

セレクション/ソリューション・ガイド

セレクション・ガイド (1)

タイトル 概要 種類 サイズ (KB) 日付 表示回数 英語版
PDF 403 KB 2017年 10月 17日 1695

ニュース・リリース/寄稿記事

寄稿記事

Blogs

サポートとコミュニティ

その他のサポート