MRI

核磁気共鳴画像診断装置(MRI)は X 線の代わりに高周波と強力な磁界を使用する事で、内臓と組織の鮮明で詳細な 2D および 3D 画像を提供します。

設計上の考慮事項

核磁気共鳴画像診断装置(MRI)は、核磁気と無線周波数(RF)を使用して生体画像を生成する断層映像診断テクノロジーです。MRI システムでは、強力な磁石を使用して磁界を作り、人体内にある水素原子を特定の配列(共鳴)にそろえます。無線周波数エネルギーは患者の身体全体に分散し、体内組織によって乱されます。この乱れは戻ってきた信号の変動に対応し、処理されて画像を生成します。

これらの信号の正確な処理は、高品質の画像を取得する際に重要となります。受信チャネルでは、高 SNR がシステムの重要な検討事項になります。戻ってきた信号は帯域幅が狭く、IF の場所は、メイン磁石の強度に直接依存します。一部のシステムでは、広帯域のアンプが搭載された高速パイプライン ADC が使用されており、IF が直接サンプリングされます。このため、デジタル・ダウン・コンバータまたは FPGA によるポスト・プロセッシング・ゲインに十分な余裕が生まれます。他のシステムでは、ベースバンドに IF がミキシングされるため、低速でも高分解能の SAR とデルタ・シグマ ADC を使用できます。

MRI 装置内で磁気と RF エネルギーを制御するには、高分解能、高速 DAC が必要になります。また、患者のスキャン部を正確に定義するには、高分解能が欠かせません。メイン磁石から発生する高 IF に対応するには、高い速度も必要になります。DSP は、MRI システムにおける磁石を適切に制御するために、傾斜プロセッサの制御に使用されます。DSP は、信号が画像の再構築エンジンに到達する前に、信号のプリプロセスも行います。

TI では、オペアンプ、DSP、マルチチャネル高速/低速データ・コンバータ、クロック分配、インターフェイス、およびパワー・マネージメントなど、MRI システムおよび機器メーカー向けに、幅広い製品を提供しています。

技術資料

アプリケーション・ノート

アプリケーション・ノート (2)

タイトル 概要 種類 サイズ (KB) 日付 表示回数 英語版
PDF 1.77 MB 2017年 9月 20日 0
HTM 9 KB 2010年 6月 8日 0

ツール/ソフトウェア

名称 型番 会社名 ソフトウェア/ツール・タイプ
ADS5263 評価モジュール ADS5263EVM Texas Instruments 評価モジュールと評価ボード
ADS5294 Evaluation Module ADS5294EVM Texas Instruments 評価モジュールと評価ボード

製品カタログ/ホワイト・ペーパー

製品カタログ (1)

タイトル 概要 種類 サイズ (MB) 日付 表示回数 英語版
PDF 515 KB 2012年 11月 9日 0

ホワイト・ペーパー (4)

タイトル 概要 種類 サイズ (MB) 日付 表示回数 英語版
PDF 333 KB 2010年 6月 8日 0
PDF 358 KB 2009年 3月 18日 0
PDF 115 KB 2008年 11月 3日 0
PDF 187 KB 2008年 10月 31日 0

ブログ

サポートとトレーニング

技術的な質問と回答を豊富に掲載している TI の包括的なオンライン・ナレッジ・ベースは 24 時間 365 日ご利用になれます。

TI のエキスパートによる回答の検索

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI のサポート・ページをご覧ください