物体検出(人数追跡、人数計測)

人数計数

設計上の考慮事項

TI は、情報に基づくビル・オートメーション・システム構築によるコスト低減、在室者の快適性向上、人数計測システムの効率的な実装法など、人数計測の利点を活用したリファレンス・デザインを提供しています。3D タイム・オブ・フライト(ToF)、サーモパイル・ベースの検出器、ビデオ・ベースの実装、Wi-Fi 計測などをサポートしています。

  • 米国では、OSHA(労働安全衛生管理局)による、室内に多くの人がいる状況を想定した HVAC(空調)のエアフロー規制が実施されています。このため、センサが存在しない部屋では、室内に収容できる最大人数(最大座席定員)に合わせて、営業時間中は換気し続ける必要があり、膨大な電力が消費されます。占有センシング・システムは、人数を正確に計測し、実際の占有人数に応じて HVAC のエアフローを高精度で制御することが可能
  • 人数計測によりエアフローの質を向上するデマンド制御換気(DCV)機能
  • 家庭のモニタおよび監視機能は、プライバシーを侵害することなく、患者や公共空間のモニタが可能
  • 人数計測センサ・ノードのスマート・エレベータ制御機能により、効率向上
View more

技術資料

アプリケーション・ノート

アプリケーション・ノート (2)

タイトル 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
PDF 2.19 MB 2017年 11月 7日
PDF 481 KB 2017年 9月 19日

製品カタログ/ホワイト・ペーパー

ホワイト・ペーパー (5)

タイトル 種類 サイズ (MB) 日付 英語版
PDF 806 KB 2019年 2月 20日
PDF 1.66 MB 2018年 12月 20日
PDF 1.81 MB 2018年 8月 6日 最新の英語版をダウンロード (Rev.A)
PDF 444 KB 2016年 1月 21日
PDF 1011 KB 2014年 5月 7日

技術記事

サポートとトレーニング

技術的な質問と回答を豊富に掲載している TI の包括的なオンライン・ナレッジ・ベースは 24 時間 365 日ご利用になれます。

TI のエキスパートによる回答の検索

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI のサポート・ページをご覧ください