光ネットワーク: ビデオ・オーバー・ファイバー

ビデオ・オーバー・ファイバー・マルチプレクサ/光伝送システム用ブロック図(SBD)。TI のビデオ・アンプ、データ・コンバータ、パワー・マネージメント、およびインターフェイス・デバイスを使用。

設計上の考慮事項

ビデオ・オーバー・ファイバー・マルチプレクス/光伝送システム(OTS)

一般的に、HD ビデオおよびオーディオをデジタル化すると、大きなデータ量/毎秒が生成されます。リアル・タイム配信と、ビデオ/オーディオの同期では、高速データ・ネットワークに重負荷となります。 - そのため、ビデオ・オーバー・ファイバーが多くのアプリケーションで選択されています。

カラー・ビデオ・ベースバンド・システム(CVBS)を使用した CCTV では、まずサンプリングと AD 変換をしてデジタル化されます。マルチチャネル・デジタル・オーディオ/ビデオ信号は、デジタル・マルチプレクス・テクノロジーによる高速ビット・ストリームに変換されますが、一般的にこの変換は FPGA にて処理されます。これに続くシリアライザ(SerDes)と光モジュールは、メタルケーブル・ネットワークと光ネットワークの間のインターフェイス・デバイスとして機能します。現在では、 10 ビットまたは 8 ビットの分解能のデータ・コンバータと約 20MHz のサンプリング周波数を使用している機器が主流になっています。一般的に、Weighted S/N 比が 65dB 以上で、微分ゲインが 1% 以下、かつ、微分位相が 1º 以下の場合、優れたシステム性能と言えます。

典型的なコア・サブシステムの内容:

  • 高速アンプ: シグナル・コンディショニング、高信号品質のための優れたフィルタリング特性、および低ひずみを提供。
  • データ・コンバータ: アナログ領域とデジタル領域間で、高 SNR/高 SFDR のデータ変換およびリテンション。
  • シリアライザ/デシリアライザ(SerDes): 高速、全二重、ポイント・ツー・ポイントのデータ転送用。

優れた信号品質と低歪が長距離での高品質ビデオ信号の送信に重要であるため、テキサス・インスツルメンツでは、このアプリケーション向けに高性能のアナログ製品とデジタル製品の幅広い、本格的なポートフォリオを用意しています。

アプリケーション・ノート

アプリケーション・ノート (5)

タイトル 概要 種類 サイズ (KB) 日付 表示回数 英語版
HTM 8 KB 2006年 11月 30日 2739
PDF 253 KB 2005年 3月 11日 1669
HTM 8 KB 2005年 2月 7日 339
HTM 9 KB 2003年 7月 10日 139
HTM 9 KB 2002年 12月 17日 462

セレクション/ソリューション・ガイド

セレクション・ガイド (1)

タイトル 概要 種類 サイズ (KB) 日付 表示回数 英語版
PDF 24 KB 2008年 1月 21日 518

製品カタログ/ホワイト・ペーパー

製品カタログ (1)

タイトル 概要 種類 サイズ (MB) 日付 表示回数 英語版
PDF 320 KB 2012年 8月 21日 352

類似の最終製品ソリューション

TI 最終製品

すべてのソリューションを表示

Support & community

その他のサポート