変位トランスミッタ(アンギュラ、リニアおよびアキシャル)

変位トランスミッタ(アンギュラ、リニアおよびアキシャル)

設計上の考慮事項

TI の変位トランスミッタ向けソリューションは、3 つのサブシステムを内蔵しています。入力サブシステムは、磁気、誘導性、静電容量性、LVDT(リニア可変トランスデューサ)、超音波、光学の各センサによる変位測定値をデジタル信号に変換します。シグナル・コンディショニング・サブシステムはさまざまな算術演算を実行して、距離測定値に対応するデジタル信号を生成します。出力サブシステムは、信頼性の高いインターフェイスやフィールドバス(IO-Link やバイナリ出力)を通じて、デジタル信号を集中型ユニット(PLC、DCS、PAC)に送信します。絶縁と保護機能(ESD:IEC61000-4-2、EFT(バースト):IEC61000-4-4、サージ:IEC61000-4-5)をサポートしています。

技術資料

製品カタログ/ホワイト・ペーパー

ホワイト・ペーパー (2)

タイトル 概要 種類 サイズ (MB) 日付 表示回数 英語版
PDF 882 KB 2018年 3月 5日 247
PDF 1.73 MB 2016年 11月 2日 2001

サポートとトレーニング

TI のサポート・フォーラムをお試しください
このパーツに関連するエキスパートからの回答の検索 新しい質問の投稿

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください。

その他のサポート

ニュース・リリース/寄稿記事

Blogs