電源: テレコム/サーバー AC/DC 電源: シングル・コントローラ: アナログ

サーバー AC/DC 電源およびテレコム用整流器のブロック図(SBD)。TI のアナログ PFC と PWM コントローラ、高性能ドライバとトランシーバを使用。

設計上の考慮事項

現在 AC/DC 電源の開発者が直面している課題として、高力率、低 THD、さまざまなライン条件や負荷条件における高効率、高電力密度または小型化、高信頼性および低システム・コストを実現することが挙げられます。一般的に、最新の設計では、インターリーブ PFC、ブリッジレス PFC、フェーズ・シフト・フルブリッジ DC/DC、LLC 共振 DC/DC、ZVS PWM DC/DC などの高度な電源トポロジを取り込むことが要求されています。ほとんどの AC/DC 電源では、デュアル PWM コントローラ、PFC コントローラおよび DC/DC コントローラが使用されています。しかしながら低電力でコスト重視の設計もあり、シングル・コントローラ、又は PFC と DC/DC の組み合わせにより部品点数を削減し、BOM コストを下げることも行われます。

TI のコンビネーション PFC/PWM コントローラは、IEC1000-3-2 高調波低減が必要な全てのオフライン電源システムに対して、完全な制御機能を提供します。PFC および PWM ステージ用の制御信号と駆動信号を一つのデバイスに組み合わせることにより、性能とコスト効果が大幅に向上します。これらのデバイスは、前世代のコンビネーション・コントローラより優れた性能を発揮します。PWM の主要な機能として、設定可能な最大デューティ・サイクルが挙げられます。PFC ステージ向けに、これらのデバイスは改善されたマルチプライヤと、過渡応答の特性を向上するためのトランスコンダクタンス・アンプの使用を特長としています。

UCC27xxx MOSFET ドライブのファミリには、2A ~ 9A の電流をシンクおよびソースできる、シングルおよびデュアル・ローサイド MOSFET ドライバがすべて含まれています。また、相補、反転、非反転の各バージョンが用意されています。

TI の統合ホット・スワップ電力コントローラは、公称 -48V のシステムに対して最適化されています。このデバイスでは、負荷電流スルーレートが制御され、ピーク振幅が制限されます。

ほとんどのホットスワップ・コントローラには、高精度プログラミングや監視用のデジタル・インターフェイスが搭載されており、パワー・グッドや異常検出出力も備わっています。

その他の高性能アナログ・パーツは、センサのフィードバック、絶縁、通信トランシーバなどの重要なシステム機能を提供するためにも利用できます。

アプリケーション・ノート

アプリケーション・ノート (13)

タイトル 概要 種類 サイズ (KB) 日付 表示回数 英語版
HTM 8 KB 2010年 1月 21日 0 英語版を表示
HTM 9 KB 2010年 1月 21日 0 最新の英語版を表示 (Rev.B)
HTM 8 KB 2013年 9月 20日 271
HTM 8 KB 2011年 4月 13日 423
HTM 9 KB 2011年 1月 22日 2336
HTM 9 KB 2010年 7月 8日 877
HTM 8 KB 2009年 4月 9日 356
HTM 8 KB 2008年 5月 1日 240
HTM 8 KB 2005年 2月 28日 121
HTM 8 KB 2005年 2月 28日 171
HTM 8 KB 2002年 8月 21日 538
HTM 8 KB 1999年 9月 5日 683
HTM 8 KB 1999年 9月 5日 1411

類似の最終製品ソリューション

TI 最終製品

すべてのソリューションを表示

Support & community

その他のサポート