Relay Wired Communication Module

リレー有線通信モジュール

設計上の考慮事項

各種 I/O カードとエンド・ユーザー間でのセンサ・データと制御信号の伝送のために、有線通信モジュールが使用されています。外乱に対するユーザー・インターフェイスの耐性を強化し、さまざまなグラウンドを絶縁するために、これらのモジュールは絶縁されています。有線通信モジュール実装のための TI リファレンス・デザインと IC:

  • シリアル・インターフェイス:RS232、RS484、RS422、CAN / PROFIBUS などの一般的なインターフェイスをサポート
  • 高速インターフェイス:イーサネット PHY / MAC PHY、USB コントローラ、トランシーバ
  • ESD 保護:利用可能なオプションとして、IEC 61000-4-2(接触放電)と IEC 61000-4-2(最大 ±30KV のエアギャップ放電)を満たす、低静電容量の高速 ESD 保護ダイオードを提供
  • 通信エクスパンダ:RS232 / RS485 などのシリアル・ポートを拡張するためのデュアル、クワッド、オクタル・ポート・エクスパンダを提供
  • デジタル・アイソレータ:基本絶縁型または強化絶縁型の 2 線式 / 4 線式高速インターフェイスは低消費電力、フレキシブルな構成、高いレベルの EMC 耐性、選択可能なデフォルト出力を提供

技術資料

アプリケーション・ノート

アプリケーション・ノート (1)

タイトル 概要 種類 サイズ (KB) 日付 表示回数 英語版
HTM 8 KB 2018年 4月 17日 366

サポートとトレーニング

TI のサポート・フォーラムをお試しください
このパーツに関連するエキスパートからの回答の検索 新しい質問の投稿

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください。

その他のサポート

ニュース・リリース/寄稿記事

Blogs