エネルギー・ストレージ電力変換システム(PCS)

再生可能エネルギ・ストレージ - 電池電力貯蔵

設計上の考慮事項

再生可能エネルギーは今後長年にわたり重要な電力供給源となることが実証されていますが、一定した電力の常時供給に関して課題が残されています。こうした課題の解決で重要な役割を果たすのがエネルギー・ストレージです。エネルギー・ストレージは再生可能エネルギー・プラントによるエネルギー供給を可能にし、太陽光や風速の変化に起因する大きな出力変動を解消できるからです。エネルギー・ストレージ・システムはさまざまな構成で実現できますが、中核となるのはバッテリ、バッテリ管理システム(BMS)、システム・コントローラで、場合によっては統合型インバータ / コンバータも含まれます。バッテリの寿命と駆動時間の延長のために、アクティブまたはパッシブ・セル・バランシング機能を使用して複数のセル間で充電状態を均一化することも可能です。電力網関連やコンシューマ・レベル・アプリケーション向けシステムの場合、複数負荷のバランスを維持するグリッド・マネージャのケースでも、あるいは独自のストレージや利用状況を監視するコンシューマ・アプリケーションのケースでも、通信機能の強化が必要です。さまざまな市場を対象とする規格や仕様が生まれ、さらに、安全性に関するニーズも高くなっていることから、信頼性の高い監視機能や保護機能が必要になっています。TI の広範な製品ラインアップは、エネルギー・ストレージ・デバイスのさまざまな側面に対応できます。

  • 統合型システム・コントローラと通信ゲートウェイ
  • 冗長性を確保した信頼性の高いバッテリ監視機能と保護機能
  • アクティブまたはパッシブ・セル・バランシング機能の迅速な実装を可能にするリファレンス・デザイン

技術資料

アプリケーション・ノート

アプリケーション・ノート (1)

タイトル 概要 種類 サイズ (KB) 日付 表示回数 英語版
PDF 575 KB 2009年 3月 11日 0

ブログ

サポートとトレーニング

技術的な質問と回答を豊富に掲載している TI の包括的なオンライン・ナレッジ・ベースは 24 時間 365 日ご利用になれます。

TI のエキスパートによる回答の検索

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI のサポート・ページをご覧ください