RFID リーダー

固定または携帯 RFID リーダーのブロック図(SBD)。TI の RF トランスポンダ/タグ、RF トランシーバ、高性能パワー・ソリューションを使用。

設計上の考慮事項

RFID(電波を利用した識別-13.56MHz RFID システム) は、基本は RFID リーダー/ライター(トランシーバ)、HF タグ、およびさまざまなペリフェラルとのインターフェイスを提供するプロセッサ・ユニットで構成されます。

HF タグ

各種の HF タグが使用できます。HF タグの物理的な形状と使用条件が、使用するタグを決定付けます。さらに、カードに保存する必要のある情報の量、種類、およびセキュリティ・レベルによって、適切なタグが決定されます。TI は、紙とプラスチック・ラミネートに適した HF タグを提供しています。セキュリティ・レベルの異なる、最高 2kBit のメモリ・サイズを利用できます。

RFID リーダー/ライター(トランシーバ)

RFID トランシーバは、RFID リーダーの主要部分となっています。リーダーのアンテナのインターフェイスの他にも、プロセッサとトランシーバ・ユニットの間で、パラレルまたはシリアルで通信を行うことが出来ます。さまざまなプログラミング・オプションにより、TI の RFID トランシーバは幅広い近接(トランシーバとタグの間の距離: <10cm) から(トランシーバとタグの間の距離: >50cm)の範囲の RFID アプリケーションに適しています。

106kbps ~ 848kbps の ISO15693、IOS14443-A ビット・レート、ISO18000-3 および Tag-it RFID 通信プロトコルをサポートしています。オン・チップ・データ・コーディング/エンコーディングとともに、SOF(フレームの開始)、EOF(フレームの終了)、CRC および/またはパリティ・ビットの自動生成が含まれています。トランシーバ・ユニットは、1.8V ~ 5.5V の MCU/I/O インターフェイスへのデータ通信レベルをサポートすると同時に、データ同期クロックをサポートしています。

プロセッサ

固定および携帯 RFID リーダーの両方にとって、プロセッサの消費電力は考慮すべき重要事項です。超低消費電力の MSP430 ファミリの幅広い製品ポートフォリオは、このアプリケーションにとって最適のプロセッサです。高度なシステム統合によっても設計が簡略化され、システム・コストが削減されます。

View more

技術資料

アプリケーション・ノート

アプリケーション・ノート (8)

タイトル 概要 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
HTM 8 KB 2018年 11月 27日
HTM 8 KB 2018年 8月 2日
HTM 8 KB 2016年 4月 18日
PDF 1.21 MB 2013年 9月 24日
PDF 143 KB 2009年 4月 28日
PDF 198 KB 2009年 4月 28日
PDF 165 KB 2009年 4月 24日
PDF 340 KB 2009年 3月 9日

製品カタログ/ホワイト・ペーパー

製品カタログ (2)

タイトル 概要 種類 サイズ (MB) 日付 英語版
PDF 247 KB 2009年 4月 3日
PDF 75 KB 2009年 2月 6日

ブログ

サポートとトレーニング

技術的な質問と回答を豊富に掲載している TI の包括的なオンライン・ナレッジ・ベースは 24 時間 365 日ご利用になれます。

TI のエキスパートによる回答の検索

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI のサポート・ページをご覧ください