ロボット芝刈り機

ロボット芝刈り機

設計上の考慮事項

ロボット芝刈り機は、よりスマートになり、効率とコネクティビティも向上しています。ロボット芝刈り機向けの TI のフル・テスト済みリファレンス・デザインは、設計上のさまざまな課題に対応できるほか、モーター・ドライブ段の効率化、低音響ノイズ、寿命と耐久性の延長、確実な安全管理、PCB フォーム・ファクタの小型化、電磁互換性に関する EMC 要件の対応を可能にする実証済みソリューションを提供します。

  • 高効率モーター制御により、刈り取る力、動作範囲、マルチングの徹底性が向上します。内蔵の半導体モーター・ドライバ IC とソリューションは、ブラシレス DC モーターと使用すると、より効率性と信頼性に優れた、可聴ノイズの低いモーター・ドライブを実現します。
  • バッテリ・パックの安全性、寿命、耐久性は重要な要素です。どのような動作状態またはフェイル状態であっても、充電、バランシング、監視、保護、認証用バッテリ・パック・ソリューションが、安全性と寿命に関する課題解決を可能にします。
  • ヒューマン・マシン・インターフェイス(HMI)は進化しています。制御、監視、盗難防止機能強化のため、ワイヤレス・コネクティビティIoT を通じてロボットに接続されます。静電容量性タッチ・ボタンまたはスライダは、土の影響を受けず、堅牢性と信頼性の高い制御を可能にします。プログラマブル LED ドライバが、効率に優れたライティングを実現します
  • さまざまなセンサが、完全自律の芝刈り動作を可能にします。アンプが、動作領域を制限しているワイヤ・バリアを信頼性の高い方法で検知します。このようなワイヤ・ループ・センサは、ナビゲーションや物体回避機能向上のため、超音波ロボット・ビジョン、バンパ・スイッチ、傾斜 / 崖 / 壁 / 近接センサによって補完されています。誘導性センサは、電源ケーブルや他の金属部分を検知します。TI のシステム・ベースのソリューションは、電流ホール、抵抗、温度湿度、周辺浮き上がり、カバーの閉状態、停止に関する高精度の監視機能にも対応しています。

技術資料

アプリケーション・ノート

アプリケーション・ノート (1)

タイトル 概要 種類 サイズ (KB) 日付 表示回数 英語版
PDF 1.21 MB 2018年 11月 27日 0

ブログ

サポートとトレーニング

技術的な質問と回答を豊富に掲載している TI の包括的なオンライン・ナレッジ・ベースは 24 時間 365 日ご利用になれます。

TI のエキスパートによる回答の検索

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI のサポート・ページをご覧ください