ラック・サーバー

テキサス・インスツルメンツ (TI) 用サーバー・マザーボード・ソリューション

設計上の考慮事項

サーバ・コンピュータは、人手介入を最小限に抑えながら、長期にわたり特定アプリケーションまたは、複数のアプリケーションを実行することに特化して設計されたコンピュータ・システムです。サーバは、市販のコンピュータ・コンポーネントから構築することもできますが、特に最適な信頼性を達成するために専用のハードウェアを使用します。グラフィカル・ユーザ・インターフェイス(GUI)は、サーバにはほとんど存在しないので、高価なビデオ・アダプタを取り付ける必要はなく、ノートブック PC やデスクトップ PC で採用されていることが多いオーディオ・インターフェイス、ジョイスティック接続、および多くの USB ペリフェラルも不要です。システムを継続的に冷却するために、信頼性の高いファンが使用され、セントラル・エアコン・システムさえも使用されます。停電時にデータの喪失が生じないように、専用の冗長型無停電電源(UPS)が必要です。

サーバ・コンピューティングの傾向:

マルチプロセッシング: サーバ向けプロセッサの性能の焦点は、単純にリニアに処理能力を増強する(つまり、クロック速度を引き上げること)から、マルチコア・プロセッサを使用したマルチスレッド化技術を発展させる方向へ変化してきました。歴史的には、サーバは(シングル・コアの)プロセッサを複数実装して性能を向上させてきましたが、近年は各プロセッサが複数のプロセス・コアを内蔵するようになり、サーバは複数のコード・ストリームを同時に実行できるようになりました。プロッセサ・コアが増えるにつれて、それらのマルチコア・システムで強化された処理能力を活用するためにスレッドの数も増えるのは理にかなっています。

消費電力と熱的考慮事項: マルチコア・プロセッサには、より新しいこれらのプロセッサが動作するために必要な電力が、単一のモノリシック集積回路上で利用できるコアの数に合わせて直線的に増えるわけではない、という利点もあります。実際、現在のデュアルコア・プロセッサとクワッドコア・プロセッサは、消費電力の点では以前のプロセッサと比較できる範囲にあります。プロセッサから熱を減らす必要のあるハードウェア・エンジニアにとっては、これはすばらしい知らせです。

アーキテクチャの革新: 他のあらゆるコンピューティング・システムと同様、プロセッサ、メモリ、および I/O のボトルネックは、全体の性能を深刻なほど低下させます。マルチコア拡張とマルチスレッド拡張に加えて、現在のプロセッサには特定の 124 ビット命令を実行する機能があり、大幅に性能を向上させることができます。メモリの向上として、FBDIMM(Fully-Buffered DIMM: 完全バッファ型 DIMM)はレイテンシを削減し、読み書きのアクセス時間を短縮します。PCI-Express、HyperTransport、Serial ATA、SAS、USB のような高速インターフェイス規格は、サーバの処理能力に対して、情報が十分に高速でサーバに供給されることを保証します。

仮想化: 仮想化とは、ホスト・サーバのハードウェア上で単一のオペレーティング・システムにより、1 台のコンピュータ上で同時に複数のオペレーティング・システムと複数のアプリケーションを実行できるようにする新しいソフトウェア技術であり、利用率と柔軟性を高めます。

技術資料

アプリケーション・ノート

アプリケーション・ノート (5)

タイトル 概要 種類 サイズ (KB) 日付 表示回数 英語版
PDF 464 KB 2016年 11月 3日 0
PDF 200 KB 2016年 4月 26日 0
HTM 9 KB 2014年 10月 2日 0
PDF 114 KB 2014年 4月 11日 0
HTM 9 KB 2007年 12月 5日 0 英語版を表示 (Rev.A)

製品カタログ/ホワイト・ペーパー

ホワイト・ペーパー (2)

タイトル 概要 種類 サイズ (MB) 日付 表示回数 英語版
PDF 202 KB 2013年 2月 21日 0
PDF 1.09 MB 2012年 11月 12日 0

ブログ

サポートとトレーニング

技術的な質問と回答を豊富に掲載している TI の包括的なオンライン・ナレッジ・ベースは 24 時間 365 日ご利用になれます。

TI のエキスパートによる回答の検索

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI のサポート・ページをご覧ください