ソーラ・エネルギ - アーク保護

ソーラ・エネルギ - アーク保護

設計上の考慮事項

現在、太陽光発電システムの多くで高電圧の DC 電源が長期間にわたって使用されており、電力放電に関連した安全性の課題に対して懸念が高まっています。こうした背景から、個人の安全性向上、機器の保護、深刻な被害の防止のために、高電圧(80VDC 超)システムでアーク検出機能を要求する UL 1699B 標準案が作成されました。太陽光発電システムにおける放電には主に、並列アークと直列アークの 2 種類があります。並列アークは正極と負極の間や活線とグラウンドの間の接点が互いに短絡した時に発生します。直列アークは回路内の接点が開放状態の時に発生します。ソーラー・アーク保護システムの要件は次の通りです。

  • アーク障害を検出し、エラー・リセットと動作再開のためにシステムのマニュアル再起動が必要なことを視覚的に表示。
  • アーク検出ユニットの正常な動作を検証するテスト回路を搭載。テストに失敗した場合はシステムのシャットダウンが必要。

技術資料

アプリケーション・ノート

アプリケーション・ノート (2)

タイトル 概要 種類 サイズ (KB) 日付 表示回数 英語版
PDF 234 KB 2016年 10月 26日 72
HTM 8 KB 2011年 1月 24日 14

製品カタログ/ホワイト・ペーパー

ホワイト・ペーパー (3)

タイトル 概要 種類 サイズ (MB) 日付 表示回数 英語版
PDF 1.07 MB 2014年 5月 28日 30
PDF 1.72 MB 2012年 8月 3日 67
PDF 103 KB 2010年 4月 7日 20

類似の最終製品ソリューション

TI 最終製品

すべてのソリューションを表示

サポートとトレーニング

TI のサポート・フォーラムをお試しください
このパーツに関連するエキスパートからの回答の検索 新しい質問の投稿

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください。

その他のサポート

ニュース・リリース/寄稿記事

Blogs