スマート・コンバイナ・ボックス

ソーラ・エネルギ - スマート・コンバイナ・ボックス

設計上の考慮事項

出力が 50kW を超える太陽光発電(PV)アレイの場合、インバータの前段で複数の PV ストリングを単一の高電圧 DC(直流)バスに接続する必要があります。このシステムはソーラー・コンバイナ・ボックスと呼ばれています。出力の低下とそれに伴う損傷の発生時に動作中のソーラー・パネルを迅速に検出するために、ソーラー・インバータ(マルチストリング・レベル)ではなくコンバイナ・ボックスに電流 / 電圧センシング技術を導入することにより、ソーラー・コンバイナ・ボックスのスマート化が実現しました。スマート・コンバイナ・ボックスは以下の追加的な機能により、さらに機能が向上しています。

技術資料

アプリケーション・ノート

アプリケーション・ノート (1)

タイトル 概要 種類 サイズ (KB) 日付 表示回数 英語版
HTM 8 KB 2011年 1月 24日 0

製品カタログ/ホワイト・ペーパー

ホワイト・ペーパー (1)

タイトル 概要 種類 サイズ (MB) 日付 表示回数 英語版
PDF 1.07 MB 2014年 5月 28日 0

ブログ

サポートとトレーニング

技術的な質問と回答を豊富に掲載している TI の包括的なオンライン・ナレッジ・ベースは 24 時間 365 日ご利用になれます。

TI のエキスパートによる回答の検索

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI のサポート・ページをご覧ください