通信用シェルタ: ワイヤレス・バッテリー監視

バッテリー監視用ブロック図(SBD)。TI の Chipcon SoC/トランシーバ、MSP430 マイクロコントローラ、パワー・マネージメント・デバイス、およびインターフェイス・デバイスを使用。

設計上の考慮事項

通信用シェルタ: ワイヤレス・バッテリー監視

一般的に、通信用シェルタには鉛バッテリーのバックアップ・システムが備わっており、-48V の定電圧でサーバーとタワーに供給されます。24個の 2V リチウムイオン・セルによってこのバッテリー・バックアップが構成され、通信用シェルタ内部に保管されています。これらの 2V セルをリモートで監視することは、時間とコストがかかります。このため、診断と修理を適切に行うには、異常に関する正確な情報を収集することが重要になります。

テキサス・インスツルメンツでは、この問題に取り組むため、無線ソリューションを提供しています。現存の有線ソリューションは世界各地で使用されていますが、いくつかの欠点が存在します。接続のミスマッチや実装にかかる余分なコストが、このソリューションの魅力を損ないます。TI では、Chipcon SoC/トランシーバおよび MSP430 マイクロコントローラ製品の幅広いポートフォリオを用意しているため、お客様がこの問題を効果的かつ効率的に解決することを支援できるユニークな立場にいます。

TI の SimpliciTI(ロイヤリティ・フリーの RF プロトコル)は、このようなアプリケーションに最適で、8K 以上のフラッシュで Chipcon デバイスをスムーズに実行させられます。Chipcon CC2510 SoC には、12 ビットの ADC、8051 コアおよび RF トランシーバがシングルチップに統合されています。MSP430 マイクロコントローラは、これらのリモート・モニタリング・システム用に、業界で最少のスタンバイ電流と十分な容量のバッテリー・バックアップを提供します。各 2V セル(合計 24 セル)のバッテリーの状態は、通信用シェルタ内部にある中央集線架に定期的に送信されます。これらのデータは、さらに GSM/GPRS を経由して中央交換器に送信され、リモート監視と診断に使用されます。

アプリケーション・ノート

アプリケーション・ノート (3)

タイトル 概要 種類 サイズ (KB) 日付 表示回数 英語版
HTM 8 KB 2011年 10月 12日 2195
HTM 8 KB 2009年 9月 22日 366
HTM 8 KB 2008年 4月 4日 3809

セレクション/ソリューション・ガイド

セレクション・ガイド (2)

タイトル 概要 種類 サイズ (KB) 日付 表示回数 英語版
PDF 3.75 MB 2010年 5月 18日 0
PDF 1.26 MB 2010年 3月 30日 3818

類似の最終製品ソリューション

TI 最終製品

すべてのソリューションを表示

Support & community

その他のサポート