無線基地局: 電動リモート・チルト・ユニット(RET)

電動リモート・チルト・コントローラ・ユニット、テレコム・タワー・アンテナ用

設計上の考慮事項

電動リモート・チルト・ユニット(RET)を使用すると、アンテナの仰角を正確に制御することができ、現場に出向く必要がなくなります。また、ベース・ステーション/ネットワーク制御センターから、わずか数分間で正確に仰角を調節することができます。これにより、ネットワークの変更機能の要求にタイムリーかつ正確に対応できるようになります。

このソリューションは、RS-485 経由で BTS と通信するモーター駆動アンテナ、および通信を制御し、監視機能を実行するマイクロプロセッサで構成されています。ほとんどの RET システムは、これらのシステムの制御システム向けのオープン仕様である、AISG(Antenna Interface Standard Group)のプロトコルを使用しています。

TI の MSP430 プロセッサ・ファミリは、すべての監視機能と日常の処理を実行するのに最適のプロセッサです。高性能統合アナログ・ブロックは、精密な測定と監視を必要とするアプリケーションに対して高精度を発揮します。高性能、柔軟性、およびさまざまなペリフェラル・オプションを備えた MSP430 によって、コードの量、消費電力、およびコストを抑え、アプリケーションを短期間で実装することができます。

統合ステッパー・モータ・ドライバ・ソリューションには、2 つの H ブリッジ・ドライバの他にも、ステッパー・モーターを制御するマイクロステップ・インデクサ・ロジックが含まれます。各出力ドライバ・ブロックには、モーター巻線を駆動するフル H ブリッジとして構成された N チャネル・パワー MOSFET が搭載されています。シンプルなステップ/方向インターフェイスを使用すると、コントローラの回路に簡単に接続できます。ピン設定に応じて、モーターをフル・ステップ、ハーフ・ステップ、1/4 ステップ、または 1/8 ステップ・モードに構成できます。デケィ・モードと PWM オフ時間はプログラム可能です。過電流保護、短絡保護、低電圧ロックアウト、および過熱に対して、内部シャットダウン機能が提供されています。

TI はRET ユニット向けに、電源レールを任意の中間レベルに降圧して、ボード上の他のすべてのチップに電源を供給する、リニア・レギュレータ、降圧レギュレータおよび DC/DC コンバータからなる電源ソリューション一式を用意しています。

起動時にボードに流入する突入電流を制限するため、突入電流制限が実装されています。TI のホットスワップ・コントローラを使用すると、電圧と電流の上昇をスムーズに制御できます。

TI が提供する温度センサは、0.0625°C の分解能で温度を読み取ることができます。−40°C ~ +125°C の広い動作温度範囲を備えた、デジタル温度センサは、過酷な温度に晒されるアンテナ・タワー内での使用に最適です。

アプリケーション・ノート

アプリケーション・ノート (1)

タイトル 概要 種類 サイズ (KB) 日付 表示回数 英語版
HTM 8 KB 2009年 3月 2日 649

類似の最終製品ソリューション

TI 最終製品

すべてのソリューションを表示

Support & community

その他のサポート