温度コントローラ

温度コントローラ

設計上の考慮事項

温度コントローラは産業環境で PID 制御ループを使用して温度を制御します。多くのデバイスは、さまざまなタイプの温度センサからの信号を測定するためにユニバーサル入力を採用しています。例として熱電対、RTD、0 ~ 5V、4 ~ 20mA があります。温度コントローラの一般的な出力は 0 ~ 10V、4 ~ 20mA、SSR(半導体リレー)または機械式リレーです。

多くの場合、温度コントローラは PLC(プログラマブル・ロジック・コントローラ)に接続されます。現在は RS-485 が広く使用されていますが、イーサネットや IO link も使用されます。

ブログ

サポートとトレーニング

技術的な質問と回答を豊富に掲載している TI の包括的なオンライン・ナレッジ・ベースは 24 時間 365 日ご利用になれます。

TI のエキスパートによる回答の検索

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI のサポート・ページをご覧ください